2014年07月07日

和裁材料が入手しづらい

和裁140707_1.jpg


今になって真夏の着物を縫ってます。
早くしないと梅雨が明けちゃう!

今年も綿着物として着れそうな絞りの浴衣を、と思っていたのですが、正絹の中では手入れが楽そうな紗の着物を1枚増やす事にしました。


和裁140707_3.jpg


流水紋とか定番な透け方の物は持っているので、もっと地模様って感じの着物がいいかも、ということでこんな感じの反物。
レースっぽい雰囲気です。
色も無難なクリームイエロー系。

夏はちょい大胆でもいいかなぁ・・・と半信半疑ですが、でっかい水玉。


それで、縫い始めようとして気づいた。

「 背伏せがない〜 」

和裁を仕事にしていないし、縫う着物によって使う色は当然違うからストックなど買っていない。
浴衣なんかは背伏せは付けないし、ウールは羽二重を付けてしまうので、すっかり失念してました。


最近まで、近所にある昔ながらのボタン屋さんや糸屋さんってところで必要な時は買っていたのですが、大型手芸チェーンが台頭する昨今、それらの昭和から数十年っていうお店は全部閉店してしまったのです。

一応近くにあるオカダヤに電話してみました。


「 背伏せは扱っていらっしゃいますか? 」
『 はっ?もう一度お願いします 』
( 聞き直された時点で無いのだと直感しましたが )
「 あの〜、" 背伏せ " です 」
『 それはどのような物でしょうか? 』
和服の背につける力布の事ですと説明して、それを思い浮かべられる知識がありそうもなかったので、
「 和裁の材料ですが、無いのですね、ありがとうございました。 」
と背伏せの説明もせず会話を終了しましたが、トーカイに電話しても同じ会話になりそうな予感がして断念しました。


流石にこんな薄い反物の場合は羽二重だって厚くて納まり悪くなりそう。
代わりになりそうな布を家中ひっかきまわして探す事1時間。

羽二重とオーガンジーの中間くらいの厚みの布をようやく発見。
グレーだったけど。
同色じゃなくても、今や背伏せは入手困難品となっている事を知った直後でしたから、せめてグレーで良かったとありがく思ったほどでした。


和裁140707_2.jpg



背縫いって真っ直ぐ縫うだけなのだけど、背伏せの張りが甘いとお尻が伸びたり、張り過ぎると綺麗じゃなくなったりして案外気を使う部分ですねぇ。


表から見たらグレーはそんなにひびかなかった。
この布が無かったらわざわざネットでお取り寄せだったかも、よかったぁ。
これからはベージュとかダークグレーとか、汎用性ありそうな色の背伏せはストックしておいたほうが良いって事に気付かされました。

今のところ絹手縫い糸などは置いてあるようですが、母の糸箱のようなグラデーションになるほどの色数は店頭には無かったです。

この先どんどん材料も道具も入手しにくくなるのでは? と少〜し不安。
posted by AKA at 18:12 | 着物いろいろ話

2014年07月18日

猛暑日の夏着物

いよいよ終了まであと2日、と押し迫ってから 『 超絶技巧!明治工芸の粋 』 を見に行きました。

「 すご〜い! 」
「 人間技とは思えない! 」
というセリフを何度呟いたことか・・・
ルーペが必要な展示品ばかり。
七宝作品などは私の肉眼で線の境目を認識するのも困難でした。


着物140718_1.jpg


この日は猛暑日でしたので、極力着物で地上を歩き回るのは避けて、日本橋三越周辺ですべてを済ませました。
功を奏し、グダグダになることも無くランチ&美術館を楽しめました。


着物140718_2.jpg


クールビューティーのY嬢は小千谷縮+紗献上。
こういうシンプルモダーンなテイストが似合う方は、特に夏の暑い時期には涼やかでいいですね。



140718_3.jpg


「 暑い・・・ 」 と言いつつ、フォンダンショコラをオーダーする間抜けた私。
家であまりチョコ系を買わないので、外に出るとそういう濃厚味をついついチョイスしてしまうのですが、ナイフを入れた途端あったかいチョコレートがドロッと溢れ出し、美味しいけれど食べきるのが憂鬱になった一品です。

夏はやっぱりフルーツ系を選ぶべきですね。


いよいよ夏本番ということで、この日の着物は


着物140718_4.jpg


絶対大量に汗をかくから、あまり思い入れの無い着物にしようと選んだ絹紅梅。

「 どうなっても気にしない 」
という開き直りから、タオルを一巻きしたくらいで、下着も汗取りを兼ねた補正なども付ける事無く、麻の長襦袢を肌に直接着て出かけました。
家に戻って、この画像を撮ってから着物を脱いだら、予想に反して着物も帯もほとんど湿気て無かったので驚きです。

確かに地上に居た時間は長く無かったけど・・・

厳重に肌襦袢+汗取り対策+長襦袢+着物、って重ねていくと、それ自体が暑くなる原因になってヤブヘビ状態になるって事かしら?

2014年07月22日

お花畑の山

八間山140722_1.jpg


今週は1日だけ休みを取って、花がピークの八間山に行ってきました。

花の量が凄いと聞いてましたが、想像以上でした。
八間山も花の量はかなり多かったですが、裾の野反湖も物凄かった!
種類も豊富!



姫ユリやアヤメやノゾリキスゲなど元気一杯。

八間山140722_2.jpg



キスゲと白い花の共演、見渡す限りって感じに延々続く。

野反湖140722_3.jpg


アザミやイカリ草も沢山!

野反湖140722_4.jpg




多分、今までの人生で一番花を見た日だったかも。
直ぐにもう一度行きたいくらいだ。


八間山140722_5.jpg


八間山は登りで1時間半、下りで1時間、ヨコ移動が+1時間半くらい。
南側から上がれば息が上がるような急登は無く、軽登山のルートです。
植物だらけの美しい登山道を登れるので、3時間ほどは休憩ナシで楽しく行動できました。
( 山頂が人一杯でスルーした為 )
家に戻って、今ふくらはぎパンパン。
疲れを感じなくてもやっぱり休憩は取るべきだった。


でも心は軽快。
なにせ
梅雨まっただ中に登った山は


140722_6.jpg


何にも見えない。


イワカガミ140722_7.jpg


霧の中に咲く、イワカガミに心癒されたけど早々下山。

やっぱり花だけでなく、天気は重要でした。
お花好きには絶対オススメです。
posted by AKA at 20:20 | 植物の色

2014年07月27日

真夏の宵に浴衣で外出

連日殺人的暑さでしたが、今日は午後に " ストーム! " がやってきたので、奇跡的に涼しい夜です。
この一週間、着物の存在を思い出しもしなかったのですが、おお〜!ようやく浴衣のチャンス。


浴衣140727_1.jpg


真夏に着付けしていると、【 帯結び 】 のところで汗をかく。
何ででしょうねぇ。
そんな重労働と思えませんが・・・どういう訳か体温の上昇をはっきり感じます。
今日は帯をぎゅうぎゅう引っ張りあげても体温変化無し。
毎晩こんなだったら、湯上りに浴衣で過ごすっていうのもありなのに。


確か子供の頃の日暮れってこんな気温だったんじゃないかなぁ・・・
お風呂から出ると浴衣とか甚兵衛が用意してあって、それを着て過ごしてましたが、昔の甚兵衛は女の子好みのデザインじゃなくて大っ嫌いだった。
お腹を出して寝ると寝冷えしたり、そんな遠い記憶を甦らせたりしました。

寝冷えなんて昨今心配することはまず無い。
暑さで死ぬという事のほうがずっと身近になっているのだから、夏の宵も随分様変わりしたものです。
浴衣を本来の仕様用途で使うこともできない。
折角お風呂で汗を流したのに、浴衣で全身包み込んだら、もう一度大汗かくハメになる事でしょう。


さて、暑さでバテバテなので、あっさりとお鮨を食べに行きました。


海鮮太巻140727_2.jpg


今日のお店は太巻きがあった! やったー!

私は寿司ジャンルでは太巻きが一番好きなのですが、なかなかやってくれるお店が少なくなってる。
回るお寿司には絶対無い。

色々な味が混然一体となるのがたまらない。
ふざけた◯◯ロールとか沢山出没しているけど、日本人の私にはやっぱりネギトロとか海鮮太巻が美味しく感じるのです。
posted by AKA at 23:02 | 着物コーディネート 普段着