2014年05月04日

紬を洗う

着物に関する作業のあれこれが停滞しているので、ガッツを出して消化していこうと気合を入れました。


夏物の準備をしたいところですが、まずはウールと紬で単衣にしようと思っていた反物をやっつけることにします。
糸の色が違っても、複数枚一度に縫えば効率も多少は良いでしょう。


格子着物140504.jpg


ウールは去年洗ってストックされているので、残すは紬。
藍染のものは、洗えるようにするかどうかにかかわらず、洗い張りしてから仕立てるほうが無難と言われてます。
ましてや単衣シーズンに着るのなら色移りの危険性も増しますよね。


今回は切ってから洗うことにしたので、一番丈が短い袖部分から洗濯します。

片袖1枚だけ、 1尺3寸 + 縫い代1寸 + 余裕分1寸強 を切ります。
柄出しの関係で111cmを洗ったところ、仕上がりは109cm。

111 ÷ 109 = 1.0183
これがこの反物の収縮率なので
168cmの場合は
168 × 1.0183 = 171cm の長さが必要となりますね。

勿論、若干の誤差もあるので、出来るだけ余裕をもって切るほうが良いでしょう。


紬を家で手入れできるように、反物を洗ってから仕立てる方はまれだと思います。
絹は何度も水を通すと光沢が失われてしまいますから。

でも、
洗い張り派の母の単衣より、たまには洗っちゃう派の私の単衣のほうが、汚れもシミもアクも無く、美しくキープされております。
私は光沢よりも清潔さを重視するタイプなのと、かなりの洗濯好きがこのような暴挙に走らせるのだと思われますので、決してお勧めしている訳ではありません。

ただ・・・
頻繁に専門店に手入れをお願いできる余裕のある人でなければ単衣の着物を楽しめない、とか
数年に一度洗い張りするつもりで放置して、着物が取り返しのつかない状態になる、とか
そういう事を懸念して着物から離れるくらいなら、光沢が失われるほうがマシだと考えてしまうわけです。

もちろん、平織の普段着だけが対象で、撚りのある織物は絶対不可であることは言うまでもありません。
posted by AKA at 23:09 | 着物のお手入れ 着付け

2014年05月11日

パックで歌舞伎役者になろう

只今、隈取顔の真っ最中。

今日は歌舞伎十八番、 " 暫 " の紅隈です。
「 やっとことっちゃあ、うんとこな 」 と勇ましくいきたい気分!


歌舞伎グッズ140511.jpg


フェイスマスク貼ったままなので、スッピンで失礼します。
と言っても、これがスッピンという状態と言えるのか?


展覧会の時、
「 お疲れでしょうから、後で癒して 」
と、頂いたフェイスパックが歌舞伎顔になっちゃうコレ。

いつもいつも一ひねりあるお品を下さる方々で、お話も本当に面白いのです。

しかし、フェイパックが隈取模様になっているとは! 凄いアイデアの商品だなぁ。
二枚組になってて、紅隈と藍隈のセット。
藍隈は " 船弁慶 " の平知盛、こちらも楽しみ〜。

超恐ろしげな公家荒とか、ファニーな鯰坊主とかあっても面白いかも。

一心堂本舗のHP見たら、パンダと虎顔のパックもあったけど、歌舞伎顔のほうがインパクト大だと思う。


かなり楽しいひと時をありがとうございました。
posted by AKA at 16:15 | 色々な時間

2014年05月24日

名古屋帯を半幅帯にチェンジ

ちょっと前まで、普段着の着物の時も名古屋帯を締めてて問題なかったのに、近頃は紐の本数を極力少なくしたくなり、家では名古屋帯を使わなくなってきました。


「 もうこの帯はいいか・・・ 」
って思うようなものは名古屋帯のお太鼓部分を折って使っちゃったりしてました。


そんな風にするくらいなら半幅に作り替えれば良いのに、名古屋から半幅ってダウングレードって感じがして、帯が可哀想な気がしてたんでしょうね・・・。
( お太鼓折ったら同じ話なんですが )


着物140524.jpg


この帯も名古屋帯から半幅帯に作り替え。
随分出番が増えました。


ずっと半幅帯に脚光を当てずにここまでやってきたけれど、
「 帯の所有分量のバランスが悪いんじゃない? 」
などと、今頃になって自覚する有様です。


現在のところ
袋帯:15% 名古屋帯&平帯:80% 半幅帯:5%
こんな感じのバランス。

家で着物を着るわりに、半幅帯が全体の5%は少なすぎますよね。


多分私の暮らしぶりからすれば
袋帯:10% 名古屋帯&平帯:65% 半幅帯:25%
このくらいが良いのかもしれません。


自分のライフスタイルによって、必要な帯は人それぞれ。
余裕がある時、自分の着物のカテゴリーバランスをしっかり調べて、それにあった分量の帯を持つようにしたいな、と思いました。

新しく半幅帯を購入して増やすのでなければ、とりあえず名古屋帯を半幅にして減らすって事だろうと思うので、全通柄の帯の中で選抜しよう!


半幅帯って、お太鼓部の柄のような主役が不在のために惹きつけられる魅力に乏しくて、食指が動かない。
だからどうしても枚数が増えないのが不便の要因でした。
でも写真の帯みたいに、ちょっと派手に感じるようになったものも、半幅にすると気軽に使えて活用の場が増えるという事もありそうです。
posted by AKA at 11:18 | 着物コーディネート 普段着

2014年05月29日

夏素材の足袋を作ってみました

何年も前に 「 足袋の作り方 」 という記事を書いて以来、随分沢山の方に読んでいただいているようで、実は自分で足袋を作りたいと思っていらっしゃる方はいるものなんだなぁ・・・と、驚いております。

私はベーシックな雰囲気の物を作ることが多いけれど、きっとカワイイ足袋を作ってる方が大勢いるんでしょうねぇ。
いつか機会があったら見せてほしいなぁ、なーーんて思うのでした。


さて、最近私が作ったのはダブルガーゼのようにフンワリとした風合いの夏用足袋です。

あくまで " ダブルガーゼのような " です。
もしダブルガーゼで作ったら耐久性は少々不安ですから、そういう優しい感じで、もう少ししっかりした生地を選んでます。


夏足袋140529.jpg


淡〜いグリーン、淡〜いピンク。
作ってしまってから、水色系も作ればよかったのにと後悔しました。


薄手の生地だから、踵や金具部や擦れやすい爪のところなどは事前にウラを接着芯で補強してます。
丈夫さは少し上がると思いますよ。


草履は靴のように蒸れたりしないので、夏専用の足袋は必ずしも必須ではないけれど、そういうものを用意する事でちょっと夏物に向き合う気合が入るような気がするんですよね。
posted by AKA at 19:58 | 着物まわりの小物を手作り