2013年03月03日

雛祭りの日の着物

雛祭りの日は毎年古典柄を着ると決めています。
例年意識的にピンク系を選んだりしていたけれど、今年の色はかなり大人しい感じです。

着物130303_1.jpg

お正月に使う事が多かった帯ですが、お重や扇は雛飾りのお道具らしく見えるかも・・・という事でこの帯に決定。
何とかの日みたいな祝い事の日でもなければ出動することのない帯なので、恐らく今年最後のチャンスを逃してはならないという理由もありました。
( 今年もまだ始まったばかりのはずなのですがね )


着物130303_2.jpg

今日は帯が決まっていたので、直ぐに他のアイテムの選抜が完了。
古典柄の着物は、畳んだ状態で着物に帯を当ててみて、「 合いそうだな 」 と思えばそのまますんなりコーディネートが完成する事が多く、組合せはさっさと決まるので楽です。

古典柄以外の着物は着てみたら何だかイマイチの組合せだった・・・って事もある、特にモダンテイストのデザインは!
恐らく、【 モダンな柄 】 と一見ひとくくりにしてるジャンルの中に膨大なテイストが含まれているからかもしれない。
作家の数だけテイストが存在する、とも考えられるくらい。

古典柄は少々乱暴なことを言えば、色合わせが変でなければ概ね大丈夫、かな?
そう言えるくらい 「 これは合わないだろう 」 という判断が明瞭で、ど真ん中でなくても「 変ではない 」 というゾーンがかなり広いと感じるのです。

2013年03月11日

レザーのキーリング

スタンダードなデザインのキーリングを作りました。

キーリング130311.jpg

今まで、蝶や鳥の形をしたものなど、女子っぽい感じのものばかりだったので、男女問わず持てる形で、模様がちゃんと見えるものをとなると、案外スッキリしているタイプがあってもいいのかもしれない。
ということで、革をたっぷり使用したこのようなものになりました。

革巻きですので、しっくり手に馴染んで、AKA+Hのレザープリントもかなりの面積で使っています。
飽きのこないデザインですので、長くご愛用いただけるキーリングです。
posted by AKA at 23:14 | テキスタイル小物

2013年03月19日

植物柄と縞模様の着物

最近小紋を着る事が多かったので、強めの色やはっきりした柄のものが着たくなり、コントラスト強めなお召着物にしました。

着物130319.jpg

今年は春の花が間隔を置かずに、どどーっと咲いてしまいそう。
具象柄の花モチーフはどれをどのタイミングで登場させるか悩んでいるうちに、桜の開花です。
水仙も木蓮もスルー。

唯一3月らしいものは珊瑚の帯留。
誕生石なので、最近珊瑚への愛着が湧いてきました。
赤系は着物と相性が良いので、トレードマークみたいにもっと頻繁に身につけようかな、と思ったりします。

しかし、
誕生石と言われながらも、石じゃなく珊瑚は生物・・・どこからどう見てもそう見えない。
サンゴ虫っていったいどういう生態なのか、まったく海の中は不思議が一杯ですね。
子供の頃は鉱物じゃないどころか、植物だと思ってました。
( 琥珀が植物の樹液と知った時も感心しましたが・・・ )

宝石サンゴって深海に生息しているって聞いた事あるけど、昔の人はどうやって採取していたのかちょっと知りたい。
今は何でも簡単確実に採取できるけど、そうなったら今度は取り過ぎてワシントン条約入り。
人間って丁度良くほどほどにするっていう事が出来ない生き物なのでしょうか?
( 所有者の1人のくせにこんな事言うのはなんですが )

私は水との相性が良いので、海水で育った物には縁を感じます。
せめて、死ぬまで大切に使おう。
posted by AKA at 19:39 | 着物コーディネート 紬

2013年03月24日

帯揚げと帯締め

先日お墓参りに行くのに、降水確率も高めだったので、ウール着物で出かけたのですが

着物130324_1.jpg

お寺だし地味めに・・・と、選んだものを着て写真を撮って液晶を見ると
「 いくらなんでもボケボケ過ぎ! 」

着物130324_2.jpg

簡単に変えられる帯揚げと帯締めを、色が感じられるものに変更。

全体の中のちょっとの部分ですが、色が違うと印象が変わりますね。
特に帯揚げって重要な気がします。
posted by AKA at 22:18 | 着物コーディネート 普段着

2013年03月28日

花テキスタイルの小物

一枚一枚着彩して制作している1点物のがま口です。
4/18〜の展覧会で販売致します。

柄部も脇布もすべて都度色調整して仕上げていますので、水彩画のような色合いと絵のような自然な風合いが特徴です。
その布に更に刺繍なども施しています。

がま口130328.jpg

すごく気に入った物が出来上がって、
「 これと同じ雰囲気のものを次も! 」
と思っても、二度と同じにはならないのが作り手としては残念です。

ここまで手をかけて、絶対他の人が同じものを持つことがないとなると、やはりその背景が伝わるのでしょうか・・・
前回の展覧会では2日目の夕方には完売してしまいましたので、頑張って前回より多めに作りました。

4/18〜4/23で開催する展覧会は、前回の展覧会とおなじくギャラリーMADOにて開催致します。

今回制作順などをいままでと変えた為、ご案内ハガキの発送が通常より遅くなりそうです。
上記の日程にて春の展覧会を開催致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by AKA at 10:22 | テキスタイル小物