2013年02月06日

目立たない着物と目立つ羽織

あまりに小さな模様で、ほとんど無地に見える着物。
こういう柄のものを我家では 「 羽織用着物 」 と呼んでいます。

実際、こういう着物を帯付きの姿の時期に着る機会はありません。
要するに似合わないのです。

羽織とセットで着ることを前提とすれば、江戸小紋はとても重宝。
大きな柄が入っているデザインの羽織は、身長とのバランスを取りやすくて好きなので、そうなると着物のほうは無地感覚だと突飛な印象にならなくてベター。


着物130205_1.jpg

色々な羽織を合わせやすい着物ですが、冬の定番椿柄にしました。
週末はびっくりなほど暖かくて、羽織の他は何にもいらなかった。
念のためロンググローブをして家を出たら、駅に着く頃には手が蒸れてました。

レイジースーザン青山店の閉店セールに行こうと誘われ、グラス類が激安だったのでマトメ買い。
セール品をゲットし終わった頃には喉カラカラになり、F.O.B COOPのカフェでアイスティーでも注文しようと思っていたところ
メニューを持ってきてくれたスタッフの方に 「 今日はアイスコーヒーとアイスティーが出来ないんです、暑い日にすみません。 」 という季節はずれなセリフで迎えられました。
どれだけ暑い日なのか!


着物130205_2.jpg

最近暖色系ブームきているのかも。
すごくずっしり重たい江戸小紋を選びました。
重いからなのか扱いにくい着物で、毎度収まりが悪い着付けになるので、ますます “ 羽織用 ” のレッテルが確定しそうな感じです。

羽織130205_3.jpg

椿の羽織は絵羽柄なので、背中から袖まで大きな椿の枝がつながってクッキリと見えるデザイン。
目立たない着物を組み合わせるくらいがバランス的に好みです。

2013年02月15日

ミニアチュールのような着物

細密画を彷彿とさせるような、細かい模様の小紋。
手に取ると、カレイドスコープを見ているかのような錯覚を覚えます。

着物130215_1.jpg

一体何色で構成されているのか知りたい・・・・
しかし、数えてみようという意欲すら、実行前に萎えるような図柄です。
先日の色相環の話で言えば、一周全ての色が使われているに違いないという事だけは数えずとも確信が持てます。

全部の色が入っているという事は、何色でもコーディネート可能でしょうが、私は無彩色しか合わせたことがありません。
この着物は小物合わせや色合わせというような事で雰囲気を作っていくような品物ではなく思えるのです。


着物130215_2.jpg

合わない帯を締められた着物はちょっと可哀相に見える事ってあるのですが、きっと何を合わせようとこの着物は意に介さないでしょう。
主役の座を帯に奪われる事は考えにくいし、着る人の個性にすら全く干渉されない。

どんな物とコンビを組まされても自分のポジションだけはしっかり確保するといったすごい自立心を感じます。
だから私も 「 こんな風に着てみようかな 」 とか、余計なあれこれを考えず、ただ羽織るだけ。
まったく楽な存在の着物なのです。

2013年02月25日

アンティーク色の棚を手作り

額の幅が1m30cmという大きな黒板を石膏ボードの壁に設置しようと、トグラーを買ってきたのですが・・・
ドリルで壁に穴を開ける段階になって、「 トグラーが効いたとしても石膏ボードが重みで崩れたら取り返しがつかない 」 と心配になり、棚を作って下からも支えるという方法に変えました。

予めCADで図面と木の裁断図を書いてホームセンターに持ち込み、あっという間に寸法どおりにカットしてもらい、材料は簡単に入手完了しました。
小口に突板を貼り、後は塗装して組み立てるだけ。
女性にだって棚くらいは力が無くても作れる便利な世の中になってます。

ディスプレイラック130225_1.jpg

しかし、一番手こずったのは塗装ですね。
気に入った色になるまで、2色のステインを6度塗り。
チーク色を塗ったり、アッシュ色を塗ったり、乾かないうちに部分的にふき取って自然に出来たムラに見えるようにしたり。

真冬で温度が低い上に、パーツの木材が場所を取るので効率良く塗れず、結局完全硬化まで約1週間かかりました。

ディスプレイラック130225_2.jpg

ガッチリした作りにしたので、額は前倒れ防止程度の金具だけで支えられて、トグラー用の大穴は空けずに済みました。
黒板を支えるのが目的なので奥行きは無く、収納というよりディスプレイラック的な役割ですけど、ちょっとは物も入ったので、棚にする案は正解だった。

ま・・・巨大な黒板を作った時は石膏ボード壁とは無縁だったので 「 大きいほうがカッコイイもんね 」 くらいにしか考えなかったので、今後は色々考えて物を作らねば! と当たり前な事をつくづくと思いました。
posted by AKA at 21:15 | 布のアトリエから