2012年08月01日

正絹のちぢみ着物

真夏になると、夏物にも関わらず正絹の縮み着物を着る機会がない。

「 あるのだから着てみよう 」

着物120801.jpg

簡単に半幅帯で・・・と出してみたものの、数日前着物を着たときにどのくらい汗をかいたか、記憶が蘇ったとたんに着る気が失せてしまった。

昨今の気温からして当然ながら、汗をまったくかかないほどに快適な素材の夏着物などありはしない。
裸でいたって汗をかく、というくらいなのだから程度の違いがあるだけですね。

あまり透けない、洗うことが出来る素材の着物の下に簡単な下着を着て、袖口や衿に汗が浸み込んでも直ぐに洗って対処する。
or
紗、夏お召し、ジョーゼットなどの透け透けの薄衣の洗えない着物の下に、体の汚れを防御する長襦袢を着る。

私の場合はこの二者選択になるのですが、ちぢみはザラザラしていかにも快適そうだけれど、薄衣のような「 着てないみたーい 」 というほどの軽さはなく、正絹となればしっかり長襦袢で防御しなくてはならない。
その上濡れればその名のとおり縮む。

“ ちぢみ ” がその長所を遺憾なく発揮するのは麻の場合だけなのでは?と思う。
正絹の夏用ちぢみは、間違いなく出番のない着物ナンバー1に君臨している。

カニの着物みたいに、正絹のちぢみでもそれなりにしっかりした厚みがあれば単衣のシーズンに活躍の場を見つけ出せるでしょうけど。
真夏以外の雨が絶対降らない機会があれば是非とも再チャレンジしたいですね。
posted by AKA at 20:01 | 着物コーディネート 紬

2012年08月06日

同じ着物 帯を変えて

簡単に洗えて、直ぐに乾く着物。
汗対策に頭を悩ませなくて良いので、立て続けに選んでしまいました。

夏の着物120806_1.jpg

今度は同系色の花模様の帯を合わせました。
半幅帯の中では一番コーディネートが楽で、無地感覚の着物なら、ほぼ合わせられる柄です。

夏の着物120806_2.jpg

何だか散漫な印象になるような気がしたので、ヘアアクセはポイントの部分になるようにアールデコの大きな簪にしました。
夏はガラスの玉簪や、銀製の平簪のように、さっぱりとシンプルなデザインを選ぶ事が多いのですが、着物がシンプルなら、ちょっと大きい物もバランスを保てる。

全体をパープルとアイボリーの2色でまとめて、すべて花モチーフで統一。
夏はあまりフラワー系コーディネートにしないので、頻繁に使っているアイテムの組合せでも、ちょっと新鮮な感覚でした。
posted by AKA at 19:22 | 着物コーディネート 普段着

2012年08月14日

夏満喫

8月に入って、週1回のペースで山に行っています。
暑さ逃避と、去年は夏山に行く機会が少なかったので、低い山に登って体を慣らしたいから。

120814_1.jpg

湖畔も下界の灼熱地獄を忘れさせてくれるし。

キイチゴ120814_2.jpg

こんな可愛らしい、美味しそうなものにも出会える。
山菜採りのように何かの料理に使えるほど見つけられるわけじゃないけど、食べられるものに出会うと、何だかスゴイぞ自然! と嬉しくなってしまう。

山の中では自分で背負って運ぶ故、“ 食欲VS重さ ” のせめぎ合いの末に“ 重さ ”の圧勝となって極簡単なものしか食べれないためか、帰り道は猛烈に高カロリーな物を摂取してしまう。

山に行ったら、やっぱりフルーツ。
だからって、こんなのアリ?

オーダーしたピーチタルト。

120814_3.jpg

タルトです。
良く見てください。
ドーンと丸ごとピーチの下に、水晶の受け台の如く、桃を支えるタルトがちゃんとあります。
タルト型の上にフルーツだから、紛れもなく、ピーチタルトですよ。
桃の中はくり貫いてあって、クリームが詰まっていました。

大胆。
でも夏気分で満腹になりました。
posted by AKA at 19:29 | 色々な時間

2012年08月23日

夏の着物

この夏はメンテナンスの楽な着物しか着ていない。

この気温の中、夏着物らしい姿で外出した場合はどんな感じになってしまうのか?
一度はやってみなければ・・・ということで、東京現代美術館に出かけてみました。

着物120823_1.jpg

スカイツリーを眺めながら公園をブラブラと歩いて美術館まで10分くらい。
お盆休みが終わっても、まだまだ夏真っ只中の日差しです。

着物120823_2.jpg

夏お召しと一番涼しく感じるであろう麻の長襦袢にしたので、ベタベタとまとわりつくような不快感は感じなかったですし、熱中症の危険もなかったので、問題なく外出は出来ましたが・・・

帰宅後脱ぐと、着物は相当気の毒な事になっていました。

「 うーーーむ、こうなっちゃうのか・・・ 」 と唸りつつ納得。

結論としては、短時間でも外を歩くような場合は無理なのだな・・・という事になりました。
私はそんなに汗っかきではない方だと思うので、過去、着物に汗によるシミやヤケなどを作った経験はないのですが、これから日本の夏が毎年このような気候になるとしたら、夏の着物については根本的に考えを変えようと思いました。

今年は絽を一度も着ていませんが、絽については、正装用以外は7・8月に着ることは無くなるでしょう。
多分、6・9月用という事にします。
7・8月に絹を着たければ、『 絹紅梅 』 か 『 紗 』が手入れを考えると妥当なところかもしれません。

柔らかい雰囲気のものは、車 〜 建物 〜 車 という移動手段の場合のみ登場ですね。
好きなものが好きな時着れなくなるのはちょっと残念ですが・・・。

2週間くらい前に中国料理店で、我家のテーブルの横を通り過ぎた年配の男性が、紗着物の上に紗羽織という、真夏にも羽織を欠かさない誠に品位ある着物姿だったのに比べて、私は絹紅梅・・・何となく「 すみません、こんな格好で 」という気持ちになりました。
これほど格というものが明確な衣装を着るのに、私にはガッツが欠落しているのだなと、つくづく思う夏です。
posted by AKA at 14:29 | 着物コーディネート 紬

2012年08月27日

暑さに負けて気楽な浴衣

前回着た夏着物の汗取りやら手入れをして、ふただびラクチンな姿に戻ってしまいました。

下町〜ベイエリアだからお気楽な姿で外出。

浴衣120827_1.jpg

海、すごく涼しい!
爽やかな風というより、もはや突風!

うっかり落とした扇子が何10メートルも飛ばされて、まるで小動物でも捕まえようとしているかのような運動量でようやく捕獲。
臨海公園を低姿勢で走る浴衣女の図、周りの人は面白かったでしょうねぇ。
「 あの格好でも意外に早く走れるんだな・・・ 」 とかね。


この日のランチは、「 夏こそマッチョなフードを胃袋に! 」 というテーマのみで選んだ豊洲のババ・ガンプ・シュリンプ。
別にエビ好きでは無いのですが、マッチョ = アメリカン って発想しか浮ばなかった。

エビ料理120827_2.jpg

エビ料理120827_3.jpg

120827_4.jpg

東京湾( というか河口 )も眺められるロケーション。
子供の頃は確か海だったという場所も、埋め立てられて陸と化しているので、もはや海なのか運河なのか私には判別不能です。

やはり去年の夏、同じくマッチョフードを欲して、高輪のT.G.I フライデーズに行きましたが、想定以上にヘビー。
“ 肉・肉・肉 ” そして何にでも “ マヨビーム ”
肉料理メインのアメリカンは太刀打ち出来ない・・・という事で、今回はシーフード。

価格は似たり寄ったりですが、シーフードのほうが目新しさを感じて、たまーーには( 年1回くらい ) アメリカンもいいかも。
房総半島も一望の東京ゲートブリッジを渡って、水族館で大好きな魚を見て、海気分の1日を締めくくりました。
posted by AKA at 11:52 | 着物コーディネート 普段着

2012年08月31日

少しづつ秋に近づく

日中は気温の変化など感じられないくらい、唯唯暑いという毎日ですが、山は確実に秋に向かっているようです。

山120831_1.jpg

もうススキはスタンバイ状態です。


花120831_2.jpg

花120831_3.jpg

花120831_4.jpg

花120831_5.jpg

花120831_6.jpg

シモツケ、ヤマブキショウマ、キボウシ、イケマ、マルバダケブキなど。
夏の花も初夏の物は可憐な雰囲気のものが多いですが、後半になると和風な雰囲気というか、お茶席に合いそうな風情のある感じの花が多くなる気がしますね。

登山口までの道路の脇には萩の花が沢山咲き始めて、これまた和の情緒。
アキノキリンソウも結構沢山見かけました。

「 お盆前には咲いていなかったのに・・・ 」
10日くらいで、随分と秋めいていました。
posted by AKA at 21:38 | 植物の色