2012年05月05日

テキスタイル展終了

この春も無事展覧会を終える事ができました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

展覧会を終える度に、次回はこういうものを作りたいな・・・・
と思うので、そう思う限りは制作を続けたいと思います。


会場にハンカチのお忘れ物がありました。
保管しておりますので、お心あたりの方はホームページよりご連絡下さいませ。
posted by AKA at 10:54 | お知らせ

ブルーな着物コーディネート

今回展覧会の会場では紬を着ていました。

紬120505.jpg

ウサギ帯と格子の着物です。
着物を着ない方からも 「 うさぎだぁ〜 」 と関心を示していただきました。
今度は鳥の帯を作ってみようかな。


晴れるとかなり暑くなるので、長襦袢は色の濃い絽を着ています。
5月に入って、もう単衣だと思うのでそろそろ衣替えやら、浴衣を縫うとか、色々本気で準備しないと!
と思っています。
毎年5月頃はそんな風に思っているのに、あっという間に盛夏の時期がやってきてしまうのであった・・・。

まずは浴衣の準備からかな。
posted by AKA at 11:16 | 着物コーディネート 紬

2012年05月11日

浴衣の準備

「 綿着物風に着れる浴衣が欲しいなぁ 」
そう思っているのに、去年もぼんやりしていたら真夏になってしまった。

来年は新しい浴衣を作ろうと思いつつ秋が深まる頃、愛知周辺に旅行に行ったので、思い立って有松に立ち寄ってみました。

浴衣は過去選択ミスを何度もしているんです。
だから持っている浴衣の中で自分が一番着心地が良いと感じる、絞りのものを選ぶのが一番妥当かも・・・
ぼんやりと来年の浴衣についてそんな思いがあったのです。

浴衣120511.jpg

ということで選んだのはコチラ。

また、青系が増えてしまった。
夏物となると 「 いいな 」 って感じるのがこういう色の品物の確率が高くなっちゃうのかなぁ。
本当はグリーン系か紫系のものがあれば・・・って思っていたんだけど、この2系統はハマる物が少ない難しい色なので、やはり目ぼしいものに出会えなかったんですね。

模様も着物風に・・・ともっと細かい模様を選んで合わせてみたら、なんか地味すぎる。
ほどほど、ってところで、やや単調ですが唐松絞りに決めました。
普通な色に普通な模様。

手作業の物という関係もあるかもしれませんが、1模様1カラーって品も多くて、模様が気に入ると色が気に入らなかったり、逆もあったりで、そう都合良く選べない。
まぁ・・・変わったものはもっとじっくりと探して吟味して買いたいと思います。

絞りは湯のしに出さなくてはなりませんが、近所で・・・などと持って帰ると、忙しい中で忘れたまま夏を向かえるというオバカな事をやらかしそうなので、送料はかかりますがお店でお願いしました。
旅行から帰って翌々日にはもう到着! 早〜い。

さて、そろそろ縫う準備を、という事で今日洗ってシボを戻しました。
私は絞りがビッタリとプレスされて伸びきっているのはあまり好きではなく、このくらい絞りっぽさが感じられる凹凸を出すほうがイイ。
この状態なら洗濯後はノーアイロンで良いので楽だし。
夏に間に合うように縫いたいと思います。
posted by AKA at 22:03 | 着物のお手入れ 着付け

2012年05月16日

飲茶

色々買い物があって横浜に行ったので、聘珍樓横濱本店で飲茶をしました。

白茶120516_2.jpg

選んだのは白茶。( 飲んだことないから・・・ )
“ 白牡丹 ” という名前の茶葉です。

白茶というだけあって、確かにハーブティーのように色が浅い。
茶葉の色と水色から、「 緑茶に似ている風味かな? 」 と思って口にしたら、全く違うものでした。
最も近いのはダージリンだと思う。
ダージリンに似ているけれど、紅茶や黒茶のように渋みやコクはなく、かなり爽やかです。
これはかなりいい感じ、スイスイ飲めます。

飲茶120516_3.jpg

点心は気に入るものとそうでもないものの落差がある感じなので、また行きたいか・・・どうかは微妙でした。
でも、長年モヤモヤしていた事がひとつスッキリしたので、それは良かった。

それは “ 月餅 ” のこと。

それまで口にしなかった月餅を香港で食べて、
「 これはコクがあって、和菓子とは違った美味しさがある 」
と知って以来、日本でも見つけるたびに色々なお店のを食べてきましたが、どれもこれもあの時の味と全然違う。
答えを求めるその歳月で、いつしか月餅なんかが好きな珍しい人と言われるようになりました。

それがこの日、飲茶メニューに月餅を見つけ、売店ではなくメニューに月餅があったのは初めてだったので、さほどの期待もなくオーダーしてみました。
結果、やっと見つけました、あの時の月餅のレベルです。
10代の終わりからこれまで数々の月餅・・・随分年月かかったなぁ。

しかし聘珍樓! 随分初歩的な場所で発見されるとは意外です。
当然の事ながら、聘珍樓の月餅は全種類買っているはずだったのに。
餡の種類で見逃していたものがあったのだろうか?

帰りに、黒服の方にその事を尋ねてみたところ、
「お召し上がりになられた月餅は、当店の点心師が毎日手作りしたものをその日にお出ししているもので、売店では販売しておりません」
との事でした。
真空パックと出来たて。
冷凍赤味マグロと生本マグロのトロぐらいの差だ!

直接分けてもらうことが可能である事を確認したので、次回は出来たて月餅を買いにこようと思いました。
posted by AKA at 22:09 | 色々な時間

2012年05月17日

単衣のお召し

袷着物から単衣着物にシフトする時期に丁度良い風合いのお召し。
我家はお召し好き・・・なほうだと思います。
私も着たときのシルエットはお召しが一番好きかもしれない。

但し、残念なのはその扱い。
気軽な街着なのでヘビロテしたいけれど、雨の日がNGなのはもちろん、曇ってても縮む可能性大。
単衣のお召しはあまり重宝とはいえない感じです。

持っている単衣のお召しはすべて、程度の違いはありますがどんどん縮んでいます。
幅が縮むもの、丈が縮むもの、様々ですが。

着物120516_1.jpg

この日は降水確率は0%
そういう安心な天気限定のためか、このお召しも着る機会を逃しがちなので、単衣初日は縞お召しにすることに。
同じく、何だか締める機会を逃しがちなグリーンの花唐草の帯を合わせてみる。

う〜ん、無難で大丈夫かなと思ってコーディネートしたつもりでしたが・・・
もう少し派手なほうが好みでした。
この組合せは10年後あたりに再登場させよう。
posted by AKA at 07:55 | 着物コーディネート 紬

2012年05月30日

お伊勢参り

思い立って、お伊勢参りに行ってきました。

前回は秋でしたが、新緑の伊勢もとても良かったです。
伊勢120530_2.jpg

グリーンの色合いがとても爽やか。

伊勢120530_1.jpg

但し、木陰以外はすごい日差し。
もう初夏ですね。

前回は仮橋を渡りましたが、新しくなってからまだ2年くらい・・・もういい味出てます。
木地のままだと直ぐに景色に馴染むのですね。
確かに20年もしたら、替えなければならなくなるというのも納得です。


秋に比べれば、参拝客は少なめな気がしました。
でも、ゆったりと過ごすには良い時期でした。
着物の人も私だけ。
秋の時は何人か見かけましたけど、暑くなると天気は不安定になるし、着物気分も下降するからかしら?
posted by AKA at 23:54 | 着物いろいろ話