2011年11月24日

秋の桜

四季咲の桜、とっても綺麗でした。
春に咲く豪勢な感じに比べれば、少々頼りなげな花ですが、紅葉とのコントラストはなかなか風情があります。

冬桜111124_1.jpg

四季桜で有名な小原という場所の事は、豊田に行ってから知ったのです。
香嵐渓の紅葉がフライング気味で不完全燃焼だったので、桜に期待して出かけたのでした。

香嵐渓の紅葉は例年より遅めでしたが、小原の桜は例年より早く咲いたそうで、満開!
( 今回は力抜いて行ったところのほうがアタリなのね )

小原111124_2.jpg

関東付近ではこれほど沢山の四季桜や冬桜を見れる場所は無かったと思うので、足を伸ばして行ってみて大正解でした。
黄金色に輝く1つ向こうの山とのコントラストも格別でした。
posted by AKA at 18:12 | 色々な時間

2011年11月26日

城下町を着物散策

美濃エリアを着物でブラブラと散策。
郡上八幡はお城に1時間、街は1〜2時間くらいで散策できる広さのところでした。

郡上八幡111126_1.jpg

お城は大きくはないのですが、結構野趣溢れる雰囲気です。
要するに、山城なのでアクセスはすごい急坂。


郡上八幡111126_2.jpg

街の中は坂道はごく僅かなので、散策しやすい。
私は何となくブラブラとしていただけですが、水場を巡って写真を撮ったり、桜の時期に来るのも良さそうな所でした。


郡上八幡111126_3.jpg

小道もかわいい。

郡上八幡111126_4.jpg

行きに通りかかった時には、猛烈な人だかりになっていた有名なニッキ飴屋さん・・・
戻ってきた時はお客さんの影も形も無かった。
観光バスのタイミングを外すかどうかで、買い物時間はすごく変わるようです。


美濃にも寄りました。
夕方になると、美濃和紙のお店の明かりがキレイ!
メインストリートには和紙の照明オブジェが点々と並んでいて、次々点灯されていきます。

美濃111126_5.jpg

紙は流石、素敵なのが沢山ありましたけど、和紙って生活に上手く取り入れられない私。
ライトアップされているのを見るとついつい欲しくなりそうになった欲望を、アトリエに仕舞われた紙の束を思い出すことで消滅させました。
posted by AKA at 23:18 | 着物いろいろ話

2011年11月27日

着物の柄と身長のバランス

柄が大きめの着物を着ると、一見身長が低く感じられるので、バランスは取りやすい。
無地感覚の着物より、帯下が間延びして見えないような気がします。

着物111127_1.jpg

カメラの角度や髪型の違いなどもありますが、この日は背が低く見える。( ような気がする )
このくらいに感じられるといいのですが・・・。

明治村の日の着物のように、無地感覚の着物でアクセントがあまり無いコーディネートだと、帯下が間抜け。
それでも羽織でバランスを取ったつもりだったのです。
長羽織は1m以上の丈なのに、たいして長くない感じ。
帯の胴前も17cmくらいの幅に仕立て直したのに、ちんまりと粋な感じ。

着物111127_2.jpg

実際の寸法がどうかより、柄のパワーのほうが効果あり。
この日はハイトーンな色柄モノを着ました。
普段着のラクチンな着物です。

赤・緑・黄色・青、子供のお絵かきのような色いっぱいで楽しい気分で過ごせました。
posted by AKA at 13:18 | 着物コーディネート 普段着