2011年11月08日

昭和 ノスタルジー

コンセプトととして昭和風を前面に出しているのだろうと思うものの、演出であってもこういうの、嫌いじゃない。
やるからには何でも大袈裟なくらい徹底的にされている方が、気持ちいいものである。
こういうの見る度に子供の頃の色々な出来事が思い出されて楽しくなる。

酒場111108_1.jpg

酒場111108_2.jpg

昭和と言えば、その頃から不思議に思っていた言葉で、数年前にようやく素性が分かった言葉がある。
「 あっぱっぱ 」
という服についてである!

現在放送中の朝ドラ “ カーネーション ” を見ている方ならもうご存知でしょう。
今なら 「 あっぱっぱ 」 という言葉を口にしたとしても、朝ドラに影響されてその言葉を使っているんだな、と思われておしまいでしょうね。

我家では祖母や母がその言葉を日常的に使っていて、とにかくサマーワンピの類、涼しそうなフワッとした服すべてを「あっぱっぱ」と呼んでいた。
だから子供の頃から私もつい外でその言葉を口にしてしまう・・・。

しかし、私の子供の頃は既に 「 あっぱっぱ 」 という言葉を使っている人はほとんどいなかったのです。

聞いた友達は皆、 『 ??? 』、 そして大爆笑。

しかもよりによって「 あっぱっぱ 」 というフレーズそのものが滑稽極まりない。
聞いた事ない言葉でも 「 ローブ・デコルテ 」 なーんて言葉だったらあんなに笑われなかっただろうと思う。

小学校〜勤務先まで、「 あっぱっぱ 」という言葉を知っていたのは5人程度だった。
江戸っ子の血筋の4人と、東京出身の母を持つ北海道の子の計5人。
だからずっと東京の言葉だと信じていました。

数年前にたまたま読んでいた衣装の歴史の本に

【 大阪から広まった、あっという間にパパッと着れるという事で重宝された日常着 】

という説明があって、長年のモヤモヤが一気に解消され、同じ疑問を抱いていた友達に即報告したのでした。
でもその言葉の意味については諸説あるようですね。

朝ドラ見てると、15分間に何回も “ アッパッパ ” が連発されるので 「 もっと早くにコレを放送してほしかったなぁ 」 と思った。
そしたらあんなに笑い者にならなかったのにねぇ。
posted by AKA at 18:01 | 色々な時間

2011年11月11日

グレー系の小紋

小紋を着るのは春の終わり以来です。
この日は 「 絶対小紋の着物にする! 」 と思っていたので、案外さっさとコーディネートが決まりました。

着物111111_1.jpg

すごくスタンダードな感じがする組合せにしました。
意外さも面白みもあまりしない感じですね。

帯付きで外出するのは今年最後だったでしょう。
だったら羽織コーディネートが難しくて、冬に出番が少なくなるような着物を着れば良かったな・・・と後になって思いました。


アンリ・シャルパンティエ111111_2.jpg


アンリ・シャルパンティエ_111111_3.jpg

ギャラリーを2軒見て、アンリ・シャルパンティエでお茶。
アンリ・シャルパンティエ・・・口に出すたび、どっか一ヶ所は言い間違えるが、ケーキは気に入っております。

私はさんざ迷った末に、最初から食べたかったレモンのタルトに。
うん、想像したとおりの柑橘系の強いテイストに満足。

友達はビジュアル選択で紫芋のお菓子をオーダー。
紫芋を全く想像させない鋭い外見のわりに、超マイルドな味だったものだから、なんだかちょっと拍子抜けしてしまった。
もっと攻撃的に攻め込んでほしかったです。


しかし、この日も明らかに食べすぎ。

111111_4.jpg

昼にパテ・ド・カンパーニュの前菜に、こんな量の鴨のローストを食べて、しかもタルトを2切れ胃袋に納めて、その上またケーキ食べてます。
本気で痩せるつもりか?

きっとバチが当たったのでしょう。
夜遅くに降りだす予報の雨が帰り際には降ってきた。
出かける前にふと不安が過ぎったけど、まっいいかと折りたたみ傘だけ念の為に持って家を出てしまった。
縮緬の着物が!
後身頃の膝から下がうっすらと水ジミになりました、トホホです。

2011年11月14日

小物づくりの日

テキスタイル111114.jpg

冬の定番柄のプリントテキスタイルで小物作りをしました。

色々なビーズをちょっと刺繍をしてみる。
小物ばかり作っていられたらちょっと楽しい制作人生なのですが・・・

先月の展覧会では、レザープリントで表現したものを多く作っていたので、メタリックプリントに触れるのが久々な感じがしました。
マットでレトロな色合いも大好きだけど、キラキラとした色は女の部分を刺激されますね。

年末が近づくと、どうもゴージャス系のものに関心が高まって、ファーの類の衣類をひっぱりだしてみるものの、結局たいして出番もなく春を迎えるの繰り返し。

この小物みたいな感じでウールにメタリックプリント、っていう服でも制作したらもっと普段使いにキラキラを取り入れられるかな?
とか、
地味めで出番のない着物アイテムにメタリックプリントでポイントになる模様を入れるなんてどうかな?
などなどを漠然と思い浮かべながらチクチクしていると、あれもこれもやりたいことが増えてしまい焦ります。
posted by AKA at 18:09 | テキスタイル小物

2011年11月20日

香嵐渓

紅葉の名所で有名な香嵐渓。
例年11月の中旬から紅葉するとの事だったのですが、今年は気温高めでしたからね、まだ3割くらいとの事で、あまり期待せずに出かけました。

香嵐渓111120_2.jpg


香嵐渓111120_1.jpg

銀杏は丁度よい感じでしたが・・・

香嵐渓111120_3.jpg

肝心の紅葉は3割?
目に映る感覚としては1割くらいに思います。

気の早い株だけ、ほんの少し色付いているといった具合。

香嵐渓111120_4.jpg

ほとんどこんな感じですよ。
青々。

この調子では11月末くらいになって見頃になりそうだと感じました。
とっても残念だけれど、渋滞に巻き込まれることもなく終了。

それでも11時くらいにはメインの駐車場は満車になっていました。
ピーク時には駐車場に入れず1km進むのに1時間かかると聞いていたので、楽だったという点だけが良かった。
posted by AKA at 21:40 | 色々な時間

2011年11月21日

着物で歩く明治村

今月、博物館明治村では 『 きもので歩く明治村 』 というイベントをやっているようです。
期間中着物で来場すると入場料が半額に!
1600円が800円、これはかなりウレシイ金額の割引。
私は全く知らずに偶然行ったので、会計が間違っているのかと思ってしまいました。

明治村111120_1.jpg

明治村は紅葉が見頃でした。
全然紅葉なんて気にかけずに出かけた所がこんなに良いとは、私もリサーチしているようで案外いい加減なもんだわ。


明治村111120_2.jpg

こういう所でもクリスマスを意識して展示したりするものなんですねぇ。
広大な敷地に平日は人も少なめで、写真撮りもやりたい放題な感じ。

明治村111120_3.jpg

展示されている建物がカフェになっていたりして、ロケーションの良いところでお茶も楽しめるんですね。
飲み物も普通にサービスされて400円くらいと、意外なくらいテーマパークらしからぬ価格で優しい。
偉い、明治村!

年間パスも3000円ですって!
ちょっとバッグの写真撮ったり・・・近ければ絶対に年間パス買うのにねぇ。
posted by AKA at 20:03 | 着物いろいろ話

2011年11月22日

長羽織と紬の組合せ

この日は天気がすごく良くて、羽織やコートを着ていない人も見かけるくらい過ごしやすい日でした。
かなり歩き回ると分かっていたので、着物は軽めの紬と軽めの羽織を選びました。

着物111120_4.jpg

紬の時は絞りの羽織を選んでしまう事が多いです。
鹿の子絞りだと小紋でも紬でもOKですけど、この日着た絞りはもっと大きい模様。
三浦絞りとか蜘蛛絞りのような感じの物で、小紋と合わせるよりも紬とコーディネートするほうが相性良くまとまる感じのものです。

着物111120_5.jpg

着物の模様は赤と白なのですが、一切ムシ。

グリーンとブルーを中心に色あわせしています。
羽織って、着物の雰囲気をかなり変えてしまうアイテムなので、ある意味便利。
いつもと違う気分で着まわしが出来ますね。

軽めで正解、日暮れまで快適に過ごせました。
posted by AKA at 17:50 | 着物コーディネート 紬