2011年09月07日

9月最初の着物

例年なら半ば過ぎまで盛夏の素材を着ているのですが、今日はキッチリ単衣に切り替え。

着物110907.jpg

でもこの着物は透けないのに浴衣より涼しいのです。
軽くてラクチンです。

今年は夏の始まりに全部の夏モノを出さず、いくつかを選んで、それだけ着るっていうことにしたので、秋の衣替えが楽に済みそうです。

毎年毎年、袷時期の普段着と夏物のスペースを入れ替えていました。
それなのに頻繁に夏着物を着ることもなく終わり、今度は秋めいて寒くなる頃には、展覧会の準備と重なって衣替えどころではなくなり、終了まで不自由な着物生活を過ごす・・・。

っていうパターンをようやく回避できそうです。
箪笥がもう何段分かあったら、まったく入れ替えは不要になるけれどなぁ。
posted by AKA at 19:06 | 着物コーディネート 紬

2011年09月12日

日本刺繍の帯を直す

日本刺繍の模様で糸の渡りが長いものは、細い糸で押さえがしてあるのですが・・・
帯の表面は結ぶ時や着ている間もスレてしまうことも多くて、押さえてある糸が切れてしまったようです。

刺繍帯110912_1.jpg

糸を撚らずに刺してあるので、押さえの糸が切れるとボサボサと毛羽だってしまいました。
多分更に放置すると、その部分の糸がどんどん無くなり、生地が見えてきてしまうでしょうね。

日本刺繍の技法に詳しくないので、ま、素人がやって見苦しくない方法で修復するほかありません。


刺繍帯110912_2.jpg

例によって、絹の刺繍糸が無いため、縫い糸を使って網掛けのようにしてしまう事にしました。
5mmピッチで90度でクロスするように糸を刺していきます。


刺繍帯110912_3.jpg

糸が交差する部分全てを一ヶ所づつ糸を架けて押さえました。
案外簡単に乱れる事無く出来てホッとしました。


刺繍帯110912_4.jpg

一ヶ所だけやると変なので、同じモチーフの同じ箇所すべてに飾り縫いのように刺していった結果・・・

「 やる前より変化が出ていい感じではないか! 」

完全に自己満足な感想です。
でも、何だかやり始めたら楽しくなって、もっと他のところもやりたくなったけれど、素人が調子に乗るとロクなとこにならないので、このくらいで止めておくのが無難でしょうねぇ。
posted by AKA at 23:01 | 着物のお手入れ 着付け

2011年09月15日

プリントテキスタイル展


テキスタイル110915.jpg

− Nostalgic feeling −

子供の頃に心躍らせた沢山の思い出の一片

懐かしい時間につれていってくれるような
身近なモチーフをテーマにした小物を制作しました。


今回AKA+Hの作品は、イメージフォトのウサギ柄、木馬やマトリョーシカ、猫や鳥など様々なモチーフを描きました。
ブラウンやピンクベージュ、カーキなどこれからのシーズンに活躍しそうなカラーも意識して作っています。
お時間がございましたら、是非見にいらして下さい。


場所:アート・イン・ギャラリー ( 原宿マリメッコ並び )

日時:10月6日(木) 〜 10月11日(火)

時間:12時 〜 20時

上記以外の時間にご覧になりたい場合は
期間中3402−0191までご連絡下さい。

ギャラリー地図.gif
posted by AKA at 18:00 | お知らせ

2011年09月19日

大きなウサギ


テキスタイル110919.jpg

革に刺繍をしたウサギ。
耳はトランプ模様。
身長は25センチ。

どうしてこんなに大きいのかと言うと、ウサギの帯を作るために描いた図案だからです。
着物の背中に兎がどーん!。
高さ30cmの世界に収める構図で、ちょっとインパクトあるものにしたかった。

胴前にくる兎はずっと小さいコで、バッグには登場しないのです。

兎は季節が限定されずに使えるモチーフなので便利で可愛い。
でも、案外可愛いというテイストが強調されすぎて、大人が持つにはファンシーすぎる絵が多いのでちょっと残念に思っていたのです。
そういう事もあって、自分好みの兎を描こうと思い立った。

ちょい無表情な感じが気に入っています。
posted by AKA at 17:47 | テキスタイル-絵のような布

2011年09月23日

七宝の帯留

今回の展覧会では友人の七宝作家、西桶昭子さんの帯留を展示します。

帯留110923_1.jpg


帯留110923_2.jpg


展示予定の一部をご紹介。
彼女の作品は水彩画のように繊細な色彩表現が素晴らしいのです。


今回展示の作品ではありませんが、小物入れなども溜息の美しさです。

七宝110923_3.jpg

蝶の美しさを留めておける絶好の手法だわ。
細かい作業・・・私だったら手が震える。

彼女とは学生時代からの付き合いですが、その頃からクラフト展に入選したり、制作意欲が豊富で様々な手法に取り組んでいました。
私が制作活動辞めずに続けていく気力が出るのも、こうした10代からの友人達が猛烈に頑張っているからだと、本当にありがたく思います。
posted by AKA at 09:45 | 和装小物について

2011年09月27日

季節感のない着物

すっかり秋めいてきましたね。
着物が快適なシーズンがやってきたということで、夏でも秋でもない色合わせの着物が着たくなりました。

着物110927_1.jpg

“ 秋らしい ” に関しては、これからゆっくり堪能することにして、あまり組み合わせない色を着てみたくなって、グリーンとピンクを選びました。
洋服だったら、グリーンにピンクは合わせることは無い私。
色に関しての可能性の幅は 「 すごいぞ着物! 」 と改めて思うのです。


根付110927_2.jpg

根付は本革にクリスタルモチーフのメタリックプリント。
微妙にずらした色を組み合わせて制作しました。
洋服の方にはブラック革のほうが人気みたいですが、着物ならアイボリーのほうが合わせやすいです。
カーディガンなどに付けたりする使い方も気に入っております。


帯揚げは実は半衿を2枚つなげたものです。
ちょっと使ってみたい色だったし、激安だったので2枚買ったのです。
半衿には大きい柄で使い勝手はイマイチだと思うので、それが安さの理由だったのかしら?
posted by AKA at 19:08 | 着物コーディネート 紬