2011年07月01日

フリーザーパンク

110701.jpg

先日、点心をあれこれ買い求めて帰宅し、冷凍庫に入れようとすると、コレが全く入らない。
大事な点心を守るため、アイスクリームを小型のタッパーに小分けにするという、聞いたこともないような事までしてスペースを空けました。

節電の折にこんな旧式の小さい冷蔵庫を使い続ける事は、不便の前に非常識の域に達しているのでは? という気がしてきたので、この際買い換えることにしました。
噂では冷蔵庫は移動シーズン後の初夏に価格が落ちると聞いたことがあるし。

しかし、まったく予想が甘かったのは価格ではなく、各社のウリの方向性が違う為にどれがいいのか全く、全然、少しも見当がつかなかったという事です。
その上、随分長いこと新商品から遠ざかっていた為、キッチン家電なのに“ 白 ” が無いメーカーがあることに困惑する。

日立 : 真空チルド
三菱 : 動くん棚・切れちゃう冷凍
パナ : エコナビ運転 ナノイー
東芝 : Wツイン冷却 ピコイオン
シャープ : プラズマクラスター

キャッチフレーズじゃ良く分からない。
家電芸能人みたいに頼れる人も周囲にはいないし。

家電売り場に行く時に、冷蔵庫に絶対入れなければいけない、テキスタイルの制作作業に必要な冷蔵管理の助剤の容器を持ち込み、ヨーグルトマシーンの専用容器を測り、色々な物のサイズをメモして、売り場でメジャーで計ったり、内部の棚に入れてみたり・・・

しかも、必要なのは400Lそこそこの大きさなのに、大きいほうがハイスペックな上に電気代がかからない、しかも販売価格が安いという想定外なことまで明らかに・・・どうなっているのだ?


【日立】
・真空チルドは真空ではなく、その上4年程度でパッキンの交換が必要、チルドの高さが低いので、チルドに入れるべきヨーグルトの容器が入らない
・棚が独特で、我家には使いにくそうだった。

【シャープ】
・特徴が乏しくて魅力を感じなかった・・・今シャープのどっちでもドアを使ってて最高だったけど。

3日目にしてようやく3社に絞り込めた。

【三菱】
・やっぱり棚が動くのは便利だし、パーシャルの機能は良さそう、冷凍から出して切れるのは魅力。
 ただ、ミッドフリーザーの為に野菜室が小さい・・・野菜生活の私には致命的?

【パナ】
・機器部をどうせ使いにくい一番上に設置してあるので、冷凍庫と野菜室が広い。
 だけど、冷蔵庫内部の奥行きが極端に狭いので、冷凍庫命!の人には向いてる。

結局迷った末に【東芝べジータ】に決めることが出来た。

致命的マイナス要素がなかったのと “ 白 ” があったという事で。
(手垢の目立たない冷蔵庫は私にとっては大変危険な存在になるだろう)
温度感知センサーなど機能の点では【三菱】がとっても良かったのだけど、収納不可欠な物のサイズが納まらないことが分かり、諦めなければならなかったのでした。

絶対入れるものがあればチェックして見に行かないと、使いにくいものを買ってしまうところでした。
そんな事してるのは私だけみたいだったけど、みんな平気なの?

結局3日間でビックカメラ、ヤマダ電機、コジマ電気、K´s電気を周り、仕様書を見比べ、ネットのクチコミを読みまくり、ヘトヘトになりました。
結局、3日間勉強しても、“ ナノイー ” と “ ピコイオン ” と “ プラズマクラスター ”は、どれがどれに比べてどれだけいいか・・・曖昧なまま終わりました。
目に見えないものをどうかする話は苦手です。
結局プロダクトデザイン出身者は3Dの世界観でしか判断出来ないのだろうか。

今までの買い物の中で確実に一番大変だった。
posted by AKA at 20:33 | 色々な時間

2011年07月06日

兵児帯風結び

浴衣や普段着の着物の時にパパッと結べて便利そう・・・そう思って、1年くらい兵児帯を探していました。

お店に置いてあるのは、オーガンやレース等の化繊の品物が多いみたい。
絹の兵児帯は一般的には男性用のもので、縮緬だと半幅帯より重く感じるものが多い。

“ 兵児 ” って鹿児島言葉で 【 若い男性 】 っていう意味ですもの・・・男性と子供用のアイテムで、もともとレディース仕様ではなかったのだから、品数限られていてもしかたがないですね。

気に入った品物をゲットできていなくて、手作りするとか、方向性変えてみようと思ったそんな時。

浴衣110706.jpg

去年の夏に 「 半幅帯にしよう 」 と決めたまま放置していた、ちぢみの全通柄の名古屋帯の反物の事を思い出す。
ちぢみはシワになりにくい。 ( シワ加工だから元々シワだらけ )
生地の厚さも求めている感じにピッタリだったので、兵児帯風に結んでみました。

うん、締めやすい!
これは快適、すごく軽いし緩まない。

胴部分の二巻きする部分だけ芯を入れて、両端を帯の幅のまま縫わずにフリーにしておいたら、簡単に蝶結び出来て便利そう。

半幅帯案撤回。

イメージに近い兵児帯が見つかるまで、これで代用することにしようと思います。
posted by AKA at 19:43 | 着物コーディネート 普段着

2011年07月10日

浴衣シーズン到来

夕方に気温が下がったので、浴衣で近所をブラブラしました。

商店街は七夕まつり。
でも、去年より飾りが小さくなっているような?

七夕110710_1.jpg

七夕くらいになると、あちこちで浴衣姿を見かけるようになります。
私も新しい浴衣が欲しいな・・・と思いつつ、真剣に物色する時間がない。

5月後半くらいに呉服店に浴衣が並びはじめた頃、反物を見たのですが、
「 まだ決めなくても・・・もっと色々見てから・・・ 」
そんな風に思ってしまって、あっという間に夏です。

夏は着物も浴衣もそれほどの回数着ないので、枚数無くてもなんとかやっていけるだろう。
早くも今年を諦めた気分です。

商店街の老舗八百屋の前にジュースコーナーがあったので、一杯¥200のメロンジュースを買ってみた。
子供の頃はこういうジュースをよく飲んでた、氷のつぶつぶが入ってて激ウマでしたわ。

屋台110710_2.jpg

そして初めて見たような気がするジャンルなのに、懐かしい感じがする屋台を発見。
おままごと屋さん。
必要もないのに買いたくなる、そそられる色。

今の子供は色んなものがあっていいなぁ。
ずっと大切に使えるもの以外は無駄なもの、という考えの両親だったので、こういうものはあまり買ってもらえなかった。
だから大人になってこういうのにそそられるのだろうか?

そういえば
「人形がほしい」
といったらリカちゃん人形は買ってもらえなかったけど、アンティークドールタイプの人形は買ってくれたな・・・。
クルクル巻き毛にベルベットのドレス。
その頃は顔がリアルで恐くって、夜は見えないところに置いて寝てた。
( 呪いをかけられる悪夢を見そうな気がした )

今も私の家にそのアンティークドールはあります。
( 捨てたら呪いをかけられそうな気がする )

本当はリカちゃん人形を持っていなかった為に、友達と人形遊びが出来なくて仲間はずれにされて寂しかった事を両親は知らないのでした。
posted by AKA at 22:34 | 着物コーディネート 普段着

2011年07月14日

もてなす悦び

三菱美術館110714_1.jpg

ジャポニズムをテーマにしたヨーロッパ磁器の展覧会を見に行ってきました。

この展覧会、1人でじっくり鑑賞するよりも、誰かと感想を言い合いながら見たほうが絶対楽しい展覧会です。

異文化を取り入れる時って、対象物に固定観念がまるで無いから、インスピレーションの角度が斬新だったりしますよね。
それが面白かったり、感心したりします。

私の持ってる “ ジャパニーズスタイル ” というインテリア本には、湯たんぽを花器にしている豪華なリビングの写真が掲載されてて、目から鱗でした。
日本人なら絶対やらないだろうと思う。
花が挿せて水が入れば花器として成り立つ、と言うなら、尿瓶だって絶好の花器になっちゃう・・・そんな感じ?


三菱美術館110714_2.jpg

ブリックスクエアの中庭は少しだけ暑さを忘れさせてくれる場所。

「 見終わったらお茶しよう 」 と言っていたのに、此処のほうが気持ちいい。

三菱美術館110714_3.jpg

お茶の代わりにエシレのアイスクリーム。
1カップ¥525。

家の近所なら絶対買わないだろう価格だけど、お茶より満足感あり。
posted by AKA at 19:09 | 色々な時間

2011年07月22日

着物の撮影

秋に出版される着物小物の手作り本のお手伝いをさせて頂きました。

私の作った小物や、私の着物を着てポーズするモデルさんのかわいいこと!

着物110722_1.jpg

AKA+Hのボーダーレース柄で制作した半幅帯を夏着物に合わせて。
こちらの半幅帯はリバーシブルになっいるので、結び方で柄をチラ見せしたり、着物によって雰囲気変えたり出来るタイプです。


着物110722_2.jpg

「 着る人がこんなに可愛いと嬉しい 」 と、着物が喜んでおります。
私が着ている時と全然違ーーう。

私の着物たち・・・何時も着ているのが私でゴメンね。


ともかく小物の制作は終わった。
何か清清しい脱力感。

このところずっと着物の本に関する事ばかりしていたような感じがしたので、きっぱりAKA+Hの作品モードにスイッチ切り替えます。
明日から、バリバリ制作するんだ。
・・・と自分に言い聞かせております。
posted by AKA at 19:26 | 着物いろいろ話

2011年07月26日

夏の宵

省エネの夏、色々なところで電気が消えていて、なんとなく明るすぎない街の様子が気に入っております。
そんな折にライトアップ。

夏ライトアップ110726.jpg


他が暗くても、LEDなどを使ってこんな楽しみがあってもいいかな。

我家の前の通りは街灯が3本おきに点灯しているのですが、セブンイレブンが照度を補っている為か、全く暗い印象はありませんね。
防犯目的もあるかもしれませんが、明るい事に慣れすぎでした。

以前、宇宙から地球を見た時に日本だけが暗い部分がほとんど無く、黄色く輝いて見えると知った時に、何か罪悪感というか恥じ入るような気持ちになったのです。
それ以降、家にも電気を使うものはできるだけ持ち込まないようにしたりしました。

仕事の付き合いで、二次会はカラオケ必須みたいに誘われるのも不思議だった。
どうしてこんなに電気を使わないと遊べないのだろう・・・。
早寝、早起きになった為に、夜の過ごし方は全く変わってしまいました。

でも花火とか・・・、時にはパーーッと楽しみは欲しいですね!
posted by AKA at 19:26 | 色々な時間