2011年06月04日

半衿のスジ汚れの洗濯

半襟にスジ汚れが出来やすい季節になって、半襟の洗い方を変えました。

着ている時にはビッショリ汗をかいている気がしていなくても、脱いで一晩湿気を飛ばすと、襟の山や、襟足のラインが “ じわぁーー ” とした色が付いている。
そして襦袢から半襟を外して、一枚の布になったのを見ると 「 うわぁ 」 と、はっきりスジ汚れを再確認。

冬はオシャレ着用の洗剤で漬け置き洗いしてましたが、夏場のスジ汚れは落ちにくかった・・・


半衿洗濯110603_1.jpg

半襟のひどい汚れにはクレンジングフォームを使うようにしています。
もちろんオイルクレンジングはNGです。
ベンジンよりも扱いが楽で、衿山の汚れは見えなくなります。

スジ汚れの原因は、汗・皮脂・ファンデーション・日焼け止め。
この汚れに一番効く洗剤は洗顔フォームだと思います。
そして間違いなく、我家にある石鹸の中で一番値段が高く、デリケートに洗うのは “ 顔 ” 用の石鹸なので、優しい石鹸だろうと思います。

洋服の衿汚れ用洗剤というのも市販されていますが、絹の生地や刺繍・染にダメージが有るか無いか、試す気にはなっていません。
( 恐らく、生地がギシギシ音を立てそうです )

半襟を濡らしてからクレンジングフォームを塗りこむだけで完了。

今回洗ったのは、絹まじりの塩瀬生地にレーヨン刺繍糸の半襟。
こういう薄いピンクの生地などはしっかり汚れを落とさないと、どんどん見苦しくなってしまいます。

半衿洗濯110603_2.jpg

刺繍の半襟に限らず、平絹でないかぎりアイロンをかけるときは下にタオルを敷いて、裏からアイロンを当てます。
塩瀬生地も一見フラットに見えますが、生地に細かい凹凸があり、タオルの上でかけたほうがピシッと仕上がります。
刺繍の間の細かいシワも綺麗に伸びます。

ドライクリーニングのように・・・
とはいかないかもしれませんが、私の場合、普段使う刺繍半襟は家で手入れするほうが綺麗に保てる気がします。
「 半衿は一生モノではない 」 と思っているので、買った時のようにキープすることよりも、清潔さを優先しています。

・刺繍半襟の洗濯へ
posted by AKA at 11:05 | 着物のお手入れ 着付け

2011年06月08日

寒色系バッグ

この季節に合わせてブルー系。

バッグ110608_1.jpg

ティファニブルーと言えば一番近いかもしれない。
青空の色。

シンプルでコーディネートが容易な色合い。


青みが入ったパープル。
ピンク系メタリックとのコンビネーション。

バッグ110608_2.jpg

春に制作した時よりもやや青を押さえてさっぱりとした色にしたり、青を多く入れて爽やかにしたり、季節や温度によって色の配合も変わります。

クラウンチェーンも追加を制作しなければ!

この夏は昼間に加熱処理したりする作業を遠慮したほうが良さそうで、いまから制作日程を立てて、遂行しなければと思っています。
まずは5時頃起きる生活リズム作りから。
まるで、お年寄りの1日みたいになりそうですね。


posted by AKA at 21:53 | テキスタイル-絵のような布

2011年06月14日

着物にレースをプラス

せっかく梅雨の中休みなのだから、暑さ本番になる前に単衣着なければ!

先日洋服でいいや、と外出した先で
『 今日は着物じゃないんですね 』
と言われて、
「 あっ、いや・・・今日はその、・・・ええ、そうなんですけど・・・ 」
訳分からんことをモゴモゴとシドロモドロな感じで喋ったので、変な女に思われたかもしれません。

10日も着物を着てないとは! と思っていたところだったので、なんだか宿題を忘れた子供みたいな心境で、言い訳したくなっちゃったのかもしれません。

着物110614_1.jpg

さて、なんとなく、いつも初秋に着ている単衣の紬に袖を通してみました。
色がまったく初夏っぽくないから、少々無茶な選択です。

白っぽい帯を組合せたら、こってりした感じも少しは和らぐかなぁ・・・と思い、花柄の半幅帯と半衿はレースにしました。
もともと爽やかなアイテムが少ないのでコレが精一杯というところです。

必要は無いけれど帯締めをすると背中が安定するので、カジュアル向きの丸組みにレースの帯留を通してみました。
さりげない普段着にはカジュアルで可愛らしい感じがします。
白っぽい色との組合せだと目立たないのですが、それがさり気無くて好みです。

着物110614_2.jpg

友人が
「 作ろうと思えば作れそうだけれど、作りそうもない物 」
というセレクトでプレゼントしてくれたものです。

裏がレース編みのベルト通しのような形状になっているので、ヘアクリップに通したり、ブローチにしたり大活躍しております。
ありがたい。

夏のレース素材のコーディネートのまとめ役として、子供っぽくないナイスなアイテムです。
posted by AKA at 22:01 | 着物コーディネート 紬

2011年06月20日

絶景カフェ

北信州方面に行くと、遠回りしてでも立ち寄る場所がある。
名づけて絶景カフェ。
梅雨最中、【 明日は晴れる 】 という夕方の予報を聞いて、 「 よし、明日は出かける 」 と、深夜1時になんとか作業を終えて、朝から外出。

実際この場所は、カフェと言うよりカフェテリアという空間名なのですが、ま、用途は同じです。
北信州と新潟の県境、赤倉観光ホテル。

カフェ110620_1.jpg

梅雨時期は湿度が高くて、晴れていてもモヤァ〜としてしまっています。
秋の快晴時は向かいの斑尾山、野尻湖までもが見え、前は2キロに及ぶ敷地なので、見苦しいものなどが無いというのが最大の魅力。

カフェ110620_2.jpg

こちらのチョコレートケーキが好きですが、この日は無くってモンブラン。
コレも美味しい、うれしい。

日差しがすごいので、一段高くなった位置にある、ゆったりした席で頂きました。
「 極楽! 」
わざわざ来てよかったぁ・・・・と毎回思う。
( 本当に遠い、遠すぎる )

110620_3.jpg

アクアラウンジは草原にプールの水が落ちていくように設えてあって、バリのアマンキラの超ミニミニ版みたい。
90年代にアマングループの影響で、どこのホテルもアジアンモダンに改装するのが流行った頃にそうしたのかどうかは存じませんけれど。
高原との組合せ、スキーシーズンは “ アイスラウンジ ” になるのでしょうか?

さらりとした風が頬を横切る。
ああ、このままここで眠ってしまいたい。

と思いつつ、作業山積みのアトリエにのろのろと戻ったのでした。
短い時間でも、思い切って実生活と違うエリアに行くと、忙しい時間も力一杯過ごせるのでした。
私の場合はゆっくり眠るより、こういう時間が回復に効く!
posted by AKA at 22:27 | 色々な時間

2011年06月24日

ルバーブ

長野の帰り道、ふと以前に食べたルバーブタルトの事を思い出しました。
酸味が効いてて美味しかったのです。

大好きなスーパーTSURUYAを道中発見し、色々食材を買うのに立ち寄ると、ありましたルバーブ。
( ツルヤ、近所にも欲しーい! )

ルバーブ110624_1.jpg

1束398円、多分半額くらいの値段かな、安い気がする。

ルバーブ自体はアセロラ的なすっぱさ。
身体に良さそうな味がします。

イチゴと組合せてジャムにするのが定番のようですが、今回はこのまま単独で使いました。
適当な大きさにカットして砂糖で煮るだけ、ペクチンも入れません。
本当は茎っぽい状態に残したかったのだけど、全然ダメ、すぐ火が通っちゃいました。
何かコツがあるのだろうが、そこまで追求したい食材でもないので、成り行きにまかせてみました。


110624_2.jpg

タルトのフィリングにつかうのには無理っぽい柔らかさになったので、そのままジャムとして食しています。
自家製ヨーグルトのお供に。
なかなかお腹に効きそうなコンビネーションです。

ルバーブ ( 和名:大黄 ) は生薬としても利用される植物なので、過敏な人は下痢をしたりするみたいです。
便秘気味の方にはオススメな食材なのかな?
( 私は便秘になったことがない人なので効果がわかりませんでしたが )

・クリーミーなマーマレード作り へ
posted by AKA at 07:51 | 植物の色

2011年06月26日

夏の着物

盛夏の着物シーズン到来。
最近紬ばかりだったので、小紋の着物を着ました。

半衿は先日小紋の洗い張り生地で縫った長襦袢の残りを使いました。
色も柄も全体に大人しいので、何か物足らない気分・・・。

夏着物は爽やかなデザインが多いので、コサージュとかキラキラするアクセサリーとか、ちょっとだけゴテッとしてる部分を作りたかった。
でも、古典柄って何か適当に付け加えるとしっくりこない。
無理矢理な感じが漂う。

着物110626.jpg

帯に色が合っていたのがタッセルだったのでそれをブラ下げたのですが、うーーん、大きい。
もう一回り小さければ馴染んだのだが。
少々邪魔な感じだった、もう少し細いタッセルだったら、夏帯のアクセントに良さそう。

サッパリを欲していない日にこういう着物を着ちゃったのがそもそも間違いだったのでしょう。

もともとこの着物は
「 どこにでも着ていけそう 」
「 無難 」
「 色々と合わせやすいかも 」
そんな感じで選択したもので、その考察は間違っていなかったけれど・・・

よく言うじゃないですか
『 なんにでも合う無難なものは、結局どれとも抜群に良くはならない 』
そういうことなのかもしれません。