2011年05月28日

奥の庭

新緑のシーズンは、日本庭園はどこを見ても綺麗で満足できました。

そして密やかな楽しみは、店舗の奥にある庭を見ることです。
以前、“ 奥の庭 ”でも書きましたが、玄関からは見る事の出来ない作りになっているからこそ、わくわくするのです。
小さな喫茶店の奥がガーデンになっていたり、お店の中に入ると一角がガラスになっていて、本当に小さいスペースでもきちんと手入れがされた小世界を見つけることが出来るのは、ガーデン好きとしては大きな喜びなのです。

料亭や割烹ではちょっと大きめの庭が設えてあり、そこを眺めながらの食事の時間は京都の楽しみの一つ。
色々な庭に興味があり、また、沢山の日本料理店が結集している地でもあるので、同じ店に足しげく通うということが無いのです。
ですから、庭を眺めながら・・・では無かった六盛さんのお昼ご飯は、味の記憶すらおぼろげになってしまう有様。

今回はお庭を見ながらお食事できる、中村楼さんと瓢樹さんを利用しました。


中村楼110528_1.jpg

中村楼110528_2.jpg

中村楼さんのお庭は、庭と言うのか自然の一部というべきか、小川も流れていたりしてすごいです。
どう撮っても私の腕では店内のライティングが写ってしまうのですが、部屋に入った瞬間に 「 おーー 」 と木々の緑が迫ってくる光景は演出効果が冴えます。

瓢樹110528_3.jpg

瓢樹110528_4.jpg

瓢樹さんは正統派な感じの奥の庭。
仲居さんも気配を感じさせず、でもサービスは良いタイミングでして下さるので、かしこまらずにゆっくり食事とお庭を堪能できました。


日本の庭110528_5.jpg

こういったものなら、物理的には置ける敷地もあろう・・・でも庭って空間全てのバランスで良さが生まれるものですからねぇ。
この石をそのまま家に持ってきて設置しても、この美しさを切り取ったようにはならないという悲しい現実。
ああ、日常生活って厳しいですね。
posted by AKA at 00:32 | 色々な時間

2011年05月31日

森のカフェ

是非行ってみたかった奈良ヒルトップテラスのレストラン。
食事の予約をしようとお電話したら満席との事で、お茶だけ利用させて頂きました。

ラ・テラス110530_1.jpg

奈良公園内、若草山の一段下の道にあります。
上り坂を上がってテラスに入ると、やれやれ、ホッとする空間。

ラ・テラス110530_2.jpg

風が吹きぬけ、若葉に囲まれ、想像どおりのロケーション。
森を眺めながらまったりしてしまって、「 もう動きたくなーい 」 という心境になりそうなくらい寛げました。

ラ・テラス110530_3.jpg

ケーキセット¥1500を注文。

私はお酒が飲めませんが、オードブルやシャンパンなども頂けます。
午後ゆっくりとお酒を飲みながら過ごす・・・
なんて大人な時間でしょう、出来ないのが残念なくらいです。

「 ランチの予約ってどのくらい前にしておかないといけないのでしょう? 」
と、スタッフの方に伺ってみたところ
「 3ヶ月前くらいになさる方もいらっしゃいます 」
とのこと、次の機会があれば旅行の予定がつき次第予約、って事ですね。
posted by AKA at 10:49 | 色々な時間

格子の紬と草木染めの帯

この日の着物は京都初日の着物に草木染のレンガ色っぽい帯のコーディネートにしました。

着物コーディネート110531_1.jpg

クリーム色は着物コーディネートの幅が広いので、旅行には重宝する紬です。
青系から赤系にするだけで随分気分も変わるものです。

奈良110531_2.jpg

奈良で好きな場所の1つは、三月堂から大仏殿に下る坂道。
この手付かずな感じがいいですよね。
( 手付かずどころか、古びた感じに日々修繕しているかもしれませんが・・・ )

東大寺は・・・
大仏殿に立ち入るのを怯むほどの学生の人数でした。
あの広い大仏殿の塀の外にまで列が続き、正面の柵から除くと、“ 角砂糖に群がるアリ ” のような光景です。
大仏様を拝むのには30分以上の時間がかかりそうで、今回はパス。

東大寺110531_3.jpg

大きな門の下で、当たり前だけど「大きい・・・」とスケール感を堪能。



法隆寺110531_4.jpg

そして帰りの日に久々に法隆寺に立ち寄り、「広ーーい」と改めて思う。
やはりここでも、五重の塔に行列する学生。
修学旅行生と共に過ごした8日間でした。
posted by AKA at 18:17 | 着物コーディネート 紬