2010年09月22日

秋なのに実は夏の着物

淡い色の着物が似合わなかったのと、この暑さで、涼しい着物に逆戻り。
着物愛好家を泣かせた夏がなかなか終わらないですね。

9月も半ばを過ぎたら単衣の着物に単衣の帯、透けない衿と帯揚げ。
ですが、“ ルールなんて知ったこっちゃない ” という組合せの着物コーディネートになっております。

着物100922.jpg

着物は夏物。 ( とは言え、濃色にしました )
半襟は自分で刺繍した絽です。 ( これまた濃色にしました )
帯は夏物が飽きたので透けないものです。 ( 帯くらいは耐えられる )
お太鼓にするとトンチンカンなのが目立つので、変形蝶結びっぽくしました。
中身は全て真夏モノで対応。

和装小物のルールは帯を標準に定められていますが・・・。

● 透ける帯・・・半衿・帯揚げは絽
● 透けない帯・・・半衿・帯揚げは透けない物

常識からしたらメタメタな組合せですが、知っててやってる場合はいいかと。
当然暑いからそうしてるって、誰でも分かる陽気ですから。

まだ30度以上あるから、目安となるルールなど目安にもなりません。
命を優先して調節。
こんな時期外れの頃に熱中症で運ばれたら失笑をかうので、気をつけます。

暑い暑いと思っても、流石に真夏とはやっぱり何か違う。
真夏だと着付けの最中から汗をかくのに、着付けの時に汗が出るということはなくなりました。
ポジティブに考えれば、今年の暑さを体に叩き込んどけば、普通の夏は着物生活も楽になるかもしれないですね。
posted by AKA at 20:45 | 着物コーディネート 紬

2010年09月26日

オリーブグリーン

木の実の中には自家結実性の無い性質の種類も多くて、実を収穫したいと思ったら違う品種を近くに植えないといけないのです。
最初からそういう目的で植えようとしてない場合、案外無頓着に苗を選んでしまう。
はい、それは私です。

オリーブの木を植えた目的は、「 常緑で育てやすくて、虫も付かなさそう 」 という景観重視のチョイスでした。
だって・・・日本でオリーブを収穫して、自家製のオリーブ漬けを作るなどという目標は途方も無い発想に思えたんです。
ところが、たわわに生ってるオリーブの木を時々カフェなどで目にするようになって、「 ありえるのかも? 」 と、ちょっと羨望の眼差しを向けるようになったが、もう遅い。

オリーブの実100926.jpg

我家で10年以上育てているオリーブ2本。
今年の収穫量は、それぞれに1個生り、合計2粒。

花は毎年沢山咲きます。
無駄に頑張らせている状態。
この2個も同一品種で受粉したのか、ハチの活動範囲で他所のお宅から付けて来た花粉がたまたま残ってたのか、奇跡の産物です。
去年の収穫は1粒でした。
じゃあ来年は3粒かな?

今更違う品種のオリーブを植え直すべきか・・・考えたものの、頑張って育てて一体どのくらいの実がコンテナガーデンで収穫できるのか?
あまりに期待薄なので、2本ともこのまま気楽に育てようと思いなおしました。

「その2粒漬けてみれば?」
とふざけ気味に言われたけど、オリーブってどう漬けるんだろ? 2粒でも実験してみようかな?
posted by AKA at 23:36 | 植物の色

2010年09月30日

鳥の模様のバッグ

テキスタイル100930.jpg

10/20から原宿で開催するAKA+H秋の展覧会のイメージフォトです。
今回はペールトーンのピンク・ローズ・パープルなどを配色したプリントテキスタイルを多く制作しました。

この “ バード ” は今回の新柄。
切絵のように配置した鳥と、アールデコを意識した背景の構図は逆に細かく緻密にドローイングして、より鳥が目立つようにデザインしました。
個性的なテキスタイルに負けないよう、レザーパーツをガツンと組み合わせたバッグのデザインに。

カワイイ・・でもカッコイイ

というコンセプトで制作したバッグです。
持つ人の個性や装いによって、甘口にも辛口にもなるバッグ、個人的にはそういうバッグが好きです。
もちろん、幅50センチで大容量ですよ。

展覧会についての詳細はまた後日お知らせ致します。
posted by AKA at 21:08 | テキスタイル-絵のような布