2010年09月02日

単衣着物の帯か 夏用の帯か

9月に入っても、真夏の着物以外考えられない温度ですね。
暑い季節の着物でちょっと悩ましく思ってしまうのは、着物そのものではなく、帯だったりする。
透けていれば処遇は明快なので夏に締めればよいのですが、時々夏っぽい雰囲気なのに透けない帯というのがあって困っちゃいます。
とても出番が少なくなるから。

帯100902.jpg

その条件にあてはまり 「 どうしようか・・・ 」 と悩み続ける帯地。
青海波模様の縮み。
素直に名古屋帯にするべきか?
それとも、真夏も使えるように半幅帯にするべきか?

素材感は涼しげ
しかし、どんなに涼しそうでも、透けない生地の名古屋帯を6月半ば〜8月には使えない。
6月と9月限定で締めるだろうか、コレを・・・

想像するに、名古屋帯にしたらあまり使い勝手良くなさそうですよね?
名古屋帯を作れる生地を最初から半幅帯として仕立ててしまうという事に、唯唯抵抗を感じるというのがモタモタしていた理由なのですが。

ようやく今年は潔く半幅帯にしよう、それなら浴衣でも使える。
そう決めたというのに、どういうわけか少々激務気味だった。
特別快速に乗り間違えたかのように、ぐんぐん時間を通過していき、“ 9月駅 ” にポーンと降ろされたようで、ちょっとキョトンとしています。

夏に使うものは冬の間に準備すべし、ですね。
posted by AKA at 19:16 | 和装小物について

2010年09月04日

残りのパーツで指輪作り

アクセサリーパーツって、何か作って1・2個残る確立って高いです。
そんな中途半端に残ったパーツを寄せ集めて作った指輪ですが、存在感があってお気に入り。
大きな指輪って皮膚がフヤケたりするものだけど、これはチェーンなので、割と快適です。

余程予め作るものが決まってて、ガラスビーズ*色は17粒でメタルは9粒・・・などと計画的に購入しない限りは、半端物が延々と増えていきます。
1個単位で買えない場合もありますしね。

ビーズアクセサリー100904_1.jpg

赤が入った色系統の濃淡と白っぽい色を中心にかき集めのました。
小さなベネチアンガラスビーズ
インドのガラスパーツ
淡水パール
スワロフスキー
パワーストーン
      ケースのあっちにもこっちも、あるある!
なんだかもう整理したくてゴチャゴチャと混ぜこぜにしてしまいました。

ビーズアクセサリー100904_2.jpg

作り方というほどの厄介なことは何もありません。

自分の指のサイズに二重で連結した太めのチェーンを作ります。
( 特にアクセ用でなくても、ホームセンターとかで売ってるようなのでもOK )
後はTピンでパーツをチェーンに固定するだけなので、かなり短時間で作れます。
同系色でも綺麗ですけど、残り物はそうそう似た色じゃないかもしれません。
色々な色が混ざっていてもアクセサリーはカラフルで楽しいのもイイですよね。

チェーンなので、外すとグニョグニョと形がなくなります。
グシャっとしまえるので、旅行にもよく持って行きます。
冬場はニットに引っ掛けやすいので、注意が必要ですけどね。

・スワロフスキーの聖地 へ
・コラージュ的ブックカバー へ
posted by AKA at 23:03 | 布のアトリエから

2010年09月08日

ラ・ヴィータ・エ・ヴェッラ その2

川奈のラ・ヴィータ・エ・ヴェッラへ、夏らしい気分を味わいに行ってきました。
たまには眺めの良い場所で食事がしたくなります・・・。

ラ・ヴィータ・エ・ヴェッラ2.jpg

アミューズのチーズプディングとバーニャカウダ風の夏野菜スティック
お魚の前菜 柑橘のソース
塩パンナコッタ トリュフとタルタル添え
背脂を巻いたグリル 玉葱の灰の野菜フリット添え
などのメニューでした、満腹。

ラ・ヴィータ・エ・ヴェッラ1.jpg


ミシェルコート100908.jpg

台風9号が接近しつつありましたが、窓の外はまだまだ快晴の海の眺め。
潮風が吹いて気持ちの良い1日でした。

夏の終わりは全く感じられません。
9月というのに、夏休み気分全開という感じですね。
posted by AKA at 19:53 | 色々な時間

2010年09月11日

9月の着物

着物といえば色白な女性が似合うイメージ。
日に焼けてすっかり顔が黒くなった私は、青い着物で一段と顔が黒っぽく見える・・・。

着物100911.jpg

まだまだ夏っぽいので、紗の葡萄模様の帯とストライプの着物にしました。
青い着物って色白の人でないと似合わない? もしかして。

あーあ、顔だけでなく手も黒い。
首も黒い。
もっとハツラツとして見える元気カラーの着物にすれば良かった。

この間、うっかり肌を焼いてしまいました。
シュノーケルを銜えて夢中で魚を見ていたら、背中が焼けた。
そこが焼けるのは分かっていた事なので、何度も日焼け止めを塗り重ねたというのに・・・来年は絶対上着を着て入ろう。
(ウォータープルーフじゃなかったのだろうか?)

しかし、これまでの夏の用心が一瞬でパーになった。
もともと何の努力も無しに、小麦色の肌をゲットできるくらい焼けやすい体質ですから致し方ない。

着物を着てしばらくしたら、背中がムズムズしてきて、ガマンするのが大変でした。
背中って見えないからヤケドしてる認識が甘くなっていたのです。
日焼けが落ち着くまで着物は封印します。

2010年09月15日

秋を楽しむ小物

秋イメージでバッグの写真などを準備、今日はかなり秋めいてきた感じですね。
少しずつ気温が下がっていくにしたがって、気持ちを切り替えなきゃというモードになってきました。

テキスタイル100915.jpg

ウールっぽい素材も編んでみたり
グローブなどを用意したり
秋冬もの制作するぞ! と脳へ強制的に命令を送ってモチベーションを上げています。
ある意味、制作は強迫観念が必要ですが・・・

夏の間ほとんど休暇らしいものを取れなかったので
秋になる前に夏を味わおうと無謀な3日間のオフ作戦を決行したのです。

帰宅して数日後には母が骨折・・・。
この週末には親戚が亡くなり・・・。
実家を行ったりきたり、全ての算段が唯の希望か妄想かのようになってしまいました。

“ ざまぁみろ ”
という天の声が聞こえてくるようです。
強迫観念くらいじゃ効き目が弱いかもしれないけれど、「 もう夏は終わったぞ! 」 って身近なところから固めてドキドキする焦りの気持ちを払拭したい。
次の季節は始まりつつありますからね。

まずは “ ブラック ”“ ブラウン ”+ アクセントカラーという秋路線で攻めてみましょう。
posted by AKA at 20:36 | 布のアトリエから

2010年09月18日

チェックの着物とチェックの帯

夏の終わりの日焼けした肌には、やっぱり元気系の着物コーディネートでしょう。
前回の青の着物の失敗から、赤を効かせた組合せにしてみました。

細かいチェックの紬は色々な色が織られているので、帯の色を選ばず合わせやすい。
これなら赤の帯とかも大丈夫と選抜したのに・・・
ベージュの着物が恐ろしく似合いませんでした。

着物100918.jpg

がっかりして着るのをヤメたのです、ですから平置きの写真・・・
背中のヒリヒリはとれたので、もう着物も大丈夫と思ったのですが、ほてりが無くなったら黒さが増したのでしょうね。
白っぽい着物もダメみたいですねぇ。
といっても濃色の単衣を着るような雰囲気の気温になってない気がするんです。

やっぱり9月の着物は毎年困る・・・。

帯留にしようとしていたパールのはイヤリングです。
私はピアスなのですが、例によって 「 何かに・・・ 」 ともらったモノ。
2個並べて挟みました。

デザインにもよりますが、イヤリングを帯留として使う時は丸組の帯締めだと金具がしっかり安定しますね。
平組だとクッション的要素がないし、ちょっと幅があると金具が閉まりきらなくて、スルリと斜めに動いたりしちゃうんですよね。
posted by AKA at 22:22 | 着物コーディネート 紬