2010年08月24日

布と革で作るアクセサリー

お湯の中にいるような気温の中、秋冬に向けた素材でアクセサリー作り。
ウール100パーセントのメルトンにダリア模様のメタリックプリント。

最近毎日ウールと牛革ばかりに触れています。

まずは毎日花作り。

テキスタイル100824.jpg

定番のコサージュやヘアアクセサリーだけでなく、ネックレス的なデザインの物や本革のヘアアクセサリーなど、素材感がリッチな布小物を制作する予定です。

昨シーズンはシルクリボンと組み合わせたものを作ってみましたが、この秋冬はどうしようかな・・・
「 自分だったらこんなの使いたいな 」 っていう視線で考えてみようと思っています。

・ヘッドドレス的なヘアアクセサリー へ
posted by AKA at 18:02 | テキスタイル-絵のような布

2010年08月28日

着物のクリーニングで寸法が!

クリーニングで手入れをする着物を選んでいた時、全く着ない羽織が目に止まりました。
あまり見捨てられた状態だと生地も劣化するし、良くないな・・・
洗い張りして仕立て直しする事もなさそうだから今回クリーニングの仲間に入れてやりました。

着ない理由はデザインの好き嫌いではなく、寸法。
縮緬の為に縮んだのか、裄が着物と同寸法しかないのです。

着物100828.jpg

そんな羽織ですから、一応手入れするか程度の気持ち。
とは言え、クリーニングでこれ以上縮んだりしたら唯の不用品になってしまいます。

・この羽織の裄はギリギリです。
・丈は縮んでもかまわないので、裄を意識して仕上げて下さい。

発送の時に、念の為その旨を伝えたほうが良いかもと、羽織にメモを挟んで配送しました。

「 縮緬ですので大変縮みやすいお品物ですが、
作業担当者にその旨伝えます 」
とのお返事を頂き、一ヶ月後に作業が完了して戻ってきました。

なんと!!
裄が3分伸びた! びっくり。
こざっぱりした上に、寸法の問題まで解消されるとは思っていなかったので、¥2500のクリーニング代金が猛烈なデフレ価格に感じられました。


羽織やコートの場合、裄は着物よりも2分〜3分長くするものです。
“ そうでなければ着てはいけない ” などの、ルール上の問題ではないのですが、気になる人は気になるものです。

羽織が着物と同寸法だと、ちょっと手を伸ばした時・歩いている時・片側に羽織がずれた時、チラッと着物の袖が見えたり隠れたりする。
たかが1cmくらいの事で着ないなんて微妙かもしれませんが、このチラチラする感じが気に入らないのです。

問題が思ってもみないかたちで解決されたので、早速この秋にでも羽織ってみたいと思います。
縮緬だったから、縮みやすいけれど伸びやすかったのかな?
綸子や紬でも、こんな風に都合よくいくかは疑問ですけど。
posted by AKA at 10:50 | 着物のお手入れ 着付け

2010年08月30日

真夏は手作りワンピース

猛暑対策
部屋で過ごす時はワンピース!
肩以外は服と肌が密着しないので、ワンピが一番。

ワンピース100830.jpg

普段着のワンピースはほとんど自分で作ります。

選ぶ生地はとにかく薄いもの、綿ローンか綿ボイル。
しなやかなコットンジョーゼットはなかなか入手しにくいので、どちらかになる事がほとんどです。
ローンはいろんなプリント生地やレース地があります。
ボイル( 綿紗 ) は上質なものほど無地が多いけれど、インドサリー用にはなかなか素敵なデザインの生地があります。

この夏作ったワンピースは、大きなドット模様がサッカー織された、小豆色の綿ローン。
一着W幅4メートル使用して、たっぷり贅沢に生地を使いました。
写真では分かりにくいけれど、すごくギャザーが入った仕立てなので、着るとアフリカの民族衣装の様です・・・。
マキシ丈よりちょっと短いくらいのロングなデザイン。

ファストファッション激戦の中、洋服をわざわざ作るってメリット薄いようにも感じられるけれど、カットソーと違って、ワンピースは生地の量がケチケチしてると、すごく安っぽさが目立つものです。
納得の生地で作れるのは大量生産とは違う良さがやっぱりあるように思います。

こんなに沢山の生地で、いっぱいギャザーが入っていても、すごく軽い。
ギャザーが多いほうが、体との間に隙間ができるから、スースーなのだ。
その上、じゃんじゃん汗を吸収してくれます。
posted by AKA at 18:21 | 布のアトリエから