2010年06月03日

喪服の着物は必要か?

衣替えシーズンになると 「 虫干しを・・・ 」 と存在に気付いて眉間に皺が寄ってしまうのが喪服の存在なんです。
先日テレビで、“ 最近はお葬式をしない傾向があるみたいです ” という事実を知って、この荷物の出番は生涯どのくらいあるのだろう?という疑問が増す一方です。

喪服100603.jpg

私がお嫁に行く時にフルセットで持たされたものなんですが、一度も使っていません。
それは幸いと言っていい事なのですが、袷と絽に羽織、襦袢、小物、履物と結構な場所を占拠します。
かといって、前々から使う日が分かる物じゃないので、手元で保管するしかありません。

私 → イマドキお葬式は洋服でいいんじゃないか?派
母 → 紋付も持たせず嫁に出すなんて我家の恥!派
嫁入りの際の様々な着物の準備の時に、そういう真っ向対立があったのです。

嫁入り道具に着物を色々準備する、というのはちょっと周囲でも聞こえてこない話になっていた。
小紋や訪問着だけじゃなく、喪服着物まで用意しようというのは、娘が嫁ぎ先で恥をかかないようにとの親心でしょう。
「 じゃあ作ればいいじゃないの、任せるから 」  母は仕事にしていたくらいだから着物関係を万全な準備に、というのは当然の感覚かもしれないと、その件から戦線離脱すると・・・

『 じゃあ、黒羽織も作らなきゃね、
黒羽織は色無地や、地味な付下げに着れば入学式にも着ていけるのよ 』

入学式に黒羽織、平成の世にそんなママはいるのか?
何故かそのセリフで “ 男はつらいよ ” のおばちゃん、三崎千恵子さんの姿が思い浮かんでしまった・・・。
感覚が昭和だ、昭和すぎる。

黒羽織!
要らない、要らない、絶対要らない!

『 じゃあ冬はどうする気よ?帯付き姿なんてみっともない 』

母にすれば羽織なしの喪服姿は、ジャケット無しの礼服に匹敵するというのか?
だいたい親族は専用車で移動するから寒くないでしょ?
親族じゃない知人のお葬式に紋付で行くことあるっていうのか?

突っ込みたい事は山ほどあったのに、「 これを持って行かないなら嫁に行くな 」 と言い出されでもしたら・・・と思うと、結局大荷物で嫁に行くことになってしまったのでした。

でも私の友人が、舅が亡くなった際のお葬式にフォーマルスーツを持って北海道に向かったところ
「 洋服はありえない 」 「 あなた紋付持っていないの? 」
と言われ、親戚の人の紋付を着せられた話を聞いたので、嫁ぎ先によっては必須か・・・と、手元にあることが保険のようにも思えたのでした。
posted by AKA at 12:38 | 着物いろいろ話

2010年06月07日

ピンクの薔薇とキモノ


モスローズ100607.jpg

苔に覆われたような、その名もモスローズ。
何株もバラを育てていた頃に、珍しい物へと関心が向いてこの種のバラが欲しくなった事があります。
アップで写ったバラカタログなどを見ているとすごく面白くて良さそうな雰囲気がするんですよね。

でも株の姿を目にした時に、グロテスク且つケバケバだらけの全身に虫があちこち引っ掛かって、美しいのか醜いのか、なんとも判別に困る姿に幻滅してしまいました。
注文しなくて本当に良かった・・・。

バラ100607_2.jpg

やっぱりバラは花の一つ一つも重要ですが、姿の美しさも無視できませんね。
たっぷりゴージャスなのも良し

バラ100607_1.jpg

可憐な房咲きも家を美しく見せてくれそう


そしてバラの季節に単衣の着物を出す時になると、少女のような色すぎて着る事ができないバラの着物の存在に悩む。
派手な上にバラ模様の紬。

バラ着物100607.jpg

着る機会が無かったので新品同様。
派手になった友禅類は潔く諦めたのですが、こういう部分柄のものって何とかならないかな? って気持ちからズルズルと無意味に箪笥を占拠してしまうのです。
ようやく 「 解いて染変えするしかないか・・・ 」 とメンテナンス群にエントリーさせました。
少し鈍い色にするか、違う色にするかを良く考えないと、バラの部分の存在が全く無くなりそうです。


・コンテナガーデンのバラ へ
posted by AKA at 12:46 | 植物の色

2010年06月10日

銀河的 着物の色あわせ

家で着物を着る時は、紐をできるだけ少なくして楽に着て、でも前合わせがひどく着崩れないようにブローチを活用する事も多いです。
雨の日に着たりする普段着の着物には、ブローチも平気で付けます。
普段着は、ざっくりとした織の着物がほとんどなので。

着物100610.jpg

青系の細かい柄に銀の帯を組合わせたら 、なんだか宇宙っぽい雰囲気になったような?
星が散りばめられてるみたいに感じました。
帯上に付けたスミレ色のブローチがその印象にトドメをさしている感じです。

着物の柄は星くずではなく、花吹雪。
細かい桜の花びらが、花火みたいな感じになっています。
帯選びによってはぜんぜん銀河的雰囲気にならないものなのに・・・帯ってすごくイメージ左右するものなんですね。

他の帯の時どんな感じだったっけ?
と過去写真をチェックしてみたら、全然写真が無かった。
普段着って写真をあまり撮りませんものね。


・快適な単衣着物 へ
・半衿イメージチェンジ! へ
posted by AKA at 12:34 | 着物コーディネート 普段着

2010年06月12日

虫の腹時計


ラベンダー100611.jpg

ラベンダーにハチが沢山来ているのを見ると、いよいよ虫の季節だと楽しみになります。
我家の植物に来る益虫も害虫も、だいたい毎年目にするメンバーはそう変わっていません。
同じ固体ではないけれど、興味をもって観察していると虫との付き合い方も慣れてきているような気がします。

まず3月〜はアプラムシですね、迷惑極まりない虫です。
ここでは我慢して殺虫剤は使いません。
しばらくするとテントウムシの赤ちゃんが発生します。
子供テントウムシは親とはまるで似ても似つかない姿なのです。
体ごとアブラムシに圧し掛かり、ムシャムシャ貪り食う姿をみて、「 いけー! やれー! 」 と声援するのが快感です。

その後はイモムシ・ケムシです。
今日は洗濯物を乾すワタシの横を、長い緑色の物が空中を通過していきました。
ハンター登場!、足長バチでした。
イモムシを器用に長い足でつかみ巣へと運んでくれるので、私の一番お気に入りの期待の星です。
ウェルカム肉食昆虫。

クマバチ100612.jpg

大体午前10時くらいに決まってスイカズラにくるのはクマバチです。
巨大な外見から恐怖を感じますが、マンボウくらい温厚なヤツです。
迷惑なのはブーーーンって音くらいのものです。

午後になって、ブッドレアの花房が大きく揺れると 「 カナブンが来たな、14時か・・・ 」 と分かります。
ハチもその他の虫も、気ままに暮らしているわけではない事が最近こうした出来事で分かるのです。
いつ出勤して、どの花を何時に通過という具合に全て決まったスケジュールを黙々と消化しているのでしょう。
むしろ可哀相なくらいワーカーホーリックかもしれません。

posted by AKA at 09:00 | 植物の色

2010年06月15日

6月の着物コーディネート

梅雨前の最後に爽やか気分を満喫しに友人の個展へ。
着物は作品とギャラリー空間のお邪魔にならないように、“ 色を感じないような色あわせ ” を目指してみました。
彼女の作品に合うように全体をペールトーンで、季節的にも涼しげでしっくりした気がします。

着物100615_2.jpg

心がウルウルになりました。
『 優しい人にならなきゃ 』 という気分になりました。
いつもこの空間にいたら、さぞかし性格がメンテナンスされて最適化しそうな気がします。
特にお気に入りになった作品の前で記念に撮らせてもらったので、時々眺めて心のアップデートをしなければ!

柳原パト − A Happy Coincidence −
HBGaiiery 神宮前4-5-4 で明日まで開催です!


着物100615_1.jpg

彼女の作品には生き物が登場するものが多いので、私もワンポイントで魚の模様を組み合わせました。
お太鼓のお魚のほうにはブクブクと気泡のように水玉が飛んでいるので、半襟は白一色で大きな水玉が刺繍してあるものを組み合わせました。


・紫陽花の夏帯 へ
・熱帯魚の帯 へ
posted by AKA at 12:55 | 着物コーディネート 紬

2010年06月18日

千葉で人気のパン屋 zopf

すごく美味しいとの評判は前々から聞いていたパン屋さんのzopf − ツオップ に、ようやく行ってきました。
感想をまず・・・ 「 流石! 」 です。
具やフレーバーがどっさり入っているので、キッチリ満足のいく味になっている、という当たり前だけど実はコストの面でハードルが高い要素を完璧にクリアしています。
ぶどうパンというネーミングなのにまばらなレーズンとか、シナモン味がぼやけたシナモン**なんて世の中ザラにあります。

zopf100618.jpg

昨今美味しそうなパンを買おうとすると驚愕の価格に怯む。
“ ¥1000 ”
などのプライスが付いたハード系パンを見ると、きびすを返して食パンコーナーに直行してしまう。
すごい貴重な小麦を使っているのかもしれませんが、 「 ムリっ 」 という経済事情があります。

八柱霊園にお墓を買って以来、何かの折には 「 パン屋に回ってくれない? 」 と言ってるのですが、 「 南柏の手前じゃないか 」 「 パンなんかの事で 」 と父に相手にされない・・・。
「 隣の県にまでパンを買いに行くことはない 」 というご意見、ご尤もです。
でも、友人のブログでも行って良かったと書かれているのを見たので、余計に念願みたいになっていました。

“ お墓に行ったら ” を待ってても埒があかなそうなので、ツオップだけを目的に行ってきました。
店内に入った途端にトキメキました。
そして我を忘れてじゃんじゃんトレーにパンを積み上げていきました。

ハード系も¥300程度〜で普通に買える!
ベーグル系も!
ソフトパンも!
ブリオッシュ系も!
ペストリー系も!
調理パンも!

トレーからパンが落下しそうになったのでレジに預け、2枚目のトレーも一杯にし、最後にビニールに入った食パン系を左手に3袋鷲づかみにした。
ワタシがギャル曽根ちゃん並の胃袋なら、「全種類下さい」と言っているところです。
多分片思いの期間が長かったのと、食品に対する執着から思考回路がどうかなったのでしょう。
店を出た時には両手に大袋を引っさげていました。

¥4000もパンを買ったのは初めてかも。
父にパンを食べさせたら、すごく気に入ったようだったので、今度はツオップに寄っていこうと言っても、反対されないような気がする。
私が特に気に入ったのはシナモン風味がしっかりしたリーフェン。
2階のレストランもすごく良さそうなので、今度は誰かを誘ってランチしに行こおっと。

・地魚フレンチ へ
・ラ ビータ エ ヴェッラ へ
posted by AKA at 13:05 | 色々な時間