2009年10月01日

ビーズ刺繍をした帯

アンティークの更紗模様の帯にビーズ刺繍をしました。
アールヌーボー調なのかアールデコ調なのかわからないのですが、色々な着物と相性が良くてすごく気に入っていた帯です。

刺繍帯091001.jpg

今回お太鼓とタレになる部分にビーズを沢山つけました。
実は初めから刺繍する計画があったわけではなく、やむにやまれず、といった事情からこうなったのです。

去年購入した縞の両面帯は裏と表で色調の違うものでした。
両方使えて確かに便利だけど、同じ着物に両方使う事はなかったので、相性の良い別の柄と組み合わせたほうが、旅行などの時にも良いだろうと作り変える事にしたのです。
で、この染め帯と組み合わせる事を選択。

染め帯は古いけど生地は生きてるから、一応軽く洗うか・・・と洗濯液に付けたら色が出なかったので、
「 5分くらい置いたらもっと良く汚れが落ちるかも 」
と欲を出したのがそもそもの大間違い。
タイミング悪く電話がかかってきて、話し込んで切った時にハッと我に返って帯の事を思い出して青くなった。
20分以上経ってるんじゃない?

猛ダッシュで浴室に駆け込み、盥から帯を引き上げたら、濃い色の模様がハンコを押したみたいに全体的に柄移りしてる!!!

「 ギャーーー(心の叫び) 」 ショックでヘナヘナとその場に突っ伏しました。

091001.jpg

もう廃棄するしかないくらいの大ダメージ。
でもものすごく気に入っている柄なので、被害の少ない所をお太鼓に持ってくるなどやり変えて、悩んだ挙句に柄移りした部分を中心にビーズ刺繍を上からしてみることにしました。
なんとか使えるか? 苦しいところですが・・・
ま、目晦ましにはなっているはずです。

作り終わった今でも、見る度に後悔の念でワナワナしてしまいます。
posted by AKA at 12:28 | 着物まわりの小物を手作り