2009年10月28日

地魚フレンチ

着物の旅を一旦中断して志摩へ。
野菜好きの私ですが、最近はかなり魚も平気になってきて、色々楽しめるようになってきました。
とは言え生まれて此の方 「 お寿司食べたい 」 と思った事がない程度の許容範囲なので、どちらかというと手間のかかったものを頂きたいから、志摩の“ hd'or−アッシュドール ” へ。

プライムリゾート091028_1.jpg

海が見えて雰囲気もとても良いところです。

こちらはバターなど極力使わないフレンチだそうですが、以前話題にした店と違って、ソースなどは素材をじっくり丁寧にピューレにしたり煮込んだりして、味を凝縮している感じがしたので、“ あっさり ” というのとはちょっと違っていて、とても満足しました。

hd'or-091028_1.jpg
hd'or-091028_2.jpg

アミューズ・前菜も2品・スープ・メインなど。
アワビ、蟹、魚のテリーヌ、甲殻類のカプチーノ、伊勢海老もプリプリです・・・ただ私にはちょっと塩がキツメなのが気になったけれど。
牡蠣の料理に関しては、台風18号の被害でオーダーストップらしいです。

日本料理店では定番のアワビも注文しましたが、感想は・・・「 美味しいけど高価すぎ! 」 です。 ( 伊勢海老も同じく )
伊勢海老食べるなら千葉のほうが安くていいかも。

そしてもう一軒行きたかったフレンチの有名店 “ ラ・メール ”

コースは¥23,000〜・・・・・無理しないほうがいいよね・・ ( 涙 )
カレーも¥14,000・・・・・・本当か?

では、せめてショップでその味の一片でも感じられるものを買えないかしら、と見てみたのですが。
カレーのレトルト¥5,250
缶スープ180cc ¥1,890
まったく庶民のわたくしには目がパチクリするような価格でした。
お邪魔して申し訳ございませんでした。

posted by AKA at 11:49 | 色々な時間

2009年10月29日

絶景!夕日スポット

夕日を見るなら英虞湾!
地形が複雑なので狭いエリア内で朝日も夕日も見れるお得なエリア。
そう思い続けてずっと楽しみにしていたので、朝から雲が多くてガックリし、夕日メインの行動を急遽変更してダラダラと過ごしていたら、夕方に近づくにつれ西の空に雲の隙間が見えてきました。

大慌てで西の方を目指す。

英虞湾の夕日1091029_1.jpg

なんとか見れた!
想像よりも薄いけど・・・

それなりに満足して沈みかけた夕日に別れを告げて車を走らせると、程なく周りの家も畑もピンクに近い色で反射し始めた。
ハッとして振り返るとすごい色に。

英虞湾の夕日091029_2.jpg

雲はまだまだ多いものの、茜色の空が!

夕日って沈む最後の最後の時がすごいんだ・・・。
夕日が地平線に沈む環境で育っていないものでド素人でした。
雲の無い快晴の日だったらどんなだったでしょう。
多分海が真っ赤に見えるのかしら?
欲張りな私はいつか絶好のスポットで英虞湾の夕日を見る事を誓ったのでした。

英虞湾091029.jpg

翌朝の英虞湾。
逆光ぎみの位置からでしたが、肉眼ではしっかり記憶に収めた。
学生時代に来たきりだったけれど、やっぱりいい所でした。
posted by AKA at 18:22 | 色々な時間

2009年10月30日

着物で旧街道を散策

着物3日目は1日目と同じピンドットの着物に昼夜帯の更紗模様側を合わせました。
最後に伊勢街道と旧東海道に立ち寄ってレトロ気分を満喫。


松阪城_091030.jpg

松坂城はわざとらしく整備されたりしていない手付かずっぽい雰囲気。
ほとんど人とも出会わずシーーンとしているかと思えば、急に石垣の上で大声で詩吟を吟じ始めるおじいさんがいたりして、中々情緒がある所だった。

松阪城2_091030.jpg

このお城が稼働していた時代の男性って私より小さかったはずだから、この石段は大変だったろうな・・・と思う。
( 簡単に上がれなければ攻められないという意味があったのかも? )
当時の女性が着物で上がるのはかなり見苦しい姿になったでしょうねぇ。

松阪_091030.jpg

松坂の定番 『 御城番屋敷 』
道の両側の長屋式の建物には、今も人が生活していらっしゃいました。
( 観光施設とばかり思っていましたが・・・ )

伊勢街道の他の町でも見かけましたが
『 笑門 』 と書かれた木札が付いた締飾りの魔除けが玄関に飾られていました。
1年中玄関にお飾りを付けるのは三重の習慣だそうです。


関_091030.jpg

東海道宿場町の関。
想像以上に距離がある街道でした。
何キロも続く古い街並みは見ごたえ十分で、古い家を大切に守っている方々が沢山いらっしゃるのに感動。

生憎色んなお店の定休日の日に行ってしまいましたが、その分独り占め的に散策が出来ました。
「 こんにちわ 」 と声をかけて下さるので 「 お邪魔します 」 と答える。
定休日でなくても土産物や飲食店がずらーーー・・・っていう場所ではありませんが、商業的でないから見えてくる生き生きした昔の風情が感じられる場所でした。
posted by AKA at 12:19 | 着物コーディネート 紬