2009年08月17日

濃厚フレンチ肯定派

「 フランス料理が食べたい 」 と思う時は、そもそも濃厚な味を欲している気分の日。
もちろんあっさりを信条としているコンテポラリーなフランス料理を否定するという事でもないのですが、どちらかといえばドロッとしたソースやバターを使用した料理のほうがフレンチを求めている気持ちにピッタリくる、という場合が多いです。

そんな気分のある日、マンダリンオリエンタルの最上階にあるフレンチに事前情報もなく出かけました。
出てくる料理はできるだけヘルシーに、ハーブや野菜を多様し、魚料理もポワレでなく蒸して調理するという念の入れよう・・・。
美味しいとか不味いとかでなく、気分に全くそぐわなくてフラストレーションが溜まってしまいました。
いくらフランス料理が “ 鼻で味わう ” ジャンルと言ってもねぇ。
そういう趣向が流行りなのでしょうか?

後日トラディショナルなフレンチを食べ直し。
フレンチ090817_1.jpg
フレンチ090817_2.jpg


でも最近はこういうトラディショナルなフレンチは、パッと見た目の新しさに欠ける・・・。
一品くらいならともかく、コースとなれば食べ終わったあと料理が重すぎて胸が一杯になる・・・という声も良く耳にしたりします。
特に繊細な胃袋の日本人には。

私の実家は朝から天麩羅を揚げるようなヘビーな食事をする一家だった。
「 朝ご飯はカツ丼よ♪ 」 とか
「 寝坊したから朝ごはんはおしるこかチーズケーキ、どっちがいい?」
などなど、朝とは思えぬメニューを摂取し、夕食は2時間くらいかけて寝る直前までお菓子やフルーツまで欠かさず食べるという生活環境で育っているので、脂でトロトロになった牛の肉を食べるのはむしろ快感ですらある。

あっさりしたものを食べたければフランス料理には行かず、懐石料理にします。
食事は中華や和食好き、ケーキより和菓子や冷菓子が好きという私がフレンチを食べたくなる、って事がそもそも数ヶ月に一度くらいの欲求なので、どうせならガッツリと補給したくなるんですね。
posted by AKA at 12:00 | 色々な時間

2009年08月19日

着物で東京レトロ街散歩

真夏の着物を着なくては・・・と、秋草の模様で透ける着物という8月しか着れないものを選びました。

東京大学の裏にはまだまだ昭和の風情が沢山残っていますね。
猛烈な日差しの中、弥生美術館まで不忍池からブラブラと向かうと、東京大学の付近で温度が下がった。
やっぱり緑のチカラは素晴らしいと実感。

着物090819_1.jpg

弥生美術館では 『 昭和少年SF大図鑑展 』 を開催していて、結構ツボで楽しかった♪
ネットで割引クーポンもゲットできますので、お出かけの予定があれば印刷して持っていくといいでしょう。

着物090819_2.jpg

旧岩崎邸庭園に閉館ギリギリに立ち寄って、暫しお金持ち気分を味わってみる。
夕方は風も出て気持ちが良かった。
ちょっとした風でも凄く薄い真夏の着物はフワッと上前が翻ってしまう。
写真を撮った時もやっぱり上前がヒラヒラしていました。

帰り道に黒門町の路地で、濃色の紗着物をシャンと着こなす女性の姿を見かけ、「 ああ、私もあんな風に美しいキリッとした後姿になれる日がくるんだろうか? 」 と、喉がカラカラでぐったりしている自分が少々情けなく思えました。
夏の着物は夕方〜のお出かけがやっぱり理想的です。
posted by AKA at 11:14 | 着物コーディネート 紬

2009年08月23日

玄関のフラワーアレンジ

建物の外に切花を飾るのって、とてもとても贅沢な事です。
気持ちの贅沢。
和テイストの店先などには切花が活けられている事もあって、見かけるとすごく豊かな気分になるのです。

フラワーアレンジ090822.jpg

大きい壷などに生けてある立派な枝物。
虫籠窓などに付けた竹の一輪挿しに小さな花。
山里に咲く野草の組み合わせ。

どれも気持ちの余裕というか、店の気合を感じて高感度が上昇します。
つい、立ち寄りたくなってしまう。

真夏は花も痛みやすくて管理もちょっと面倒臭くなり、部屋に一つ飾るのすら億劫になる事も多い。
玄関は家の顔。
そんな風に昔から言われてますけど、分かっていてもなかなかちゃんと出来ないワタシがいます。
posted by AKA at 08:25 | 植物の色

2009年08月25日

絞りの帯揚げを洗濯

帯揚げ090825.jpg

夏の帯揚げって汗ジミになりやすい。
手洗い否定派の母の物などを見ると、若干薄茶色の輪ジミのようなものが広がってしまっているものがあり、間違いなく汗をどうにかしないとそうなってしまう危険性が高そう。

使うとモワッと湿気を含んでいるくらいで、一度くらいじゃシミになるような気配はないのだけど、風を通してそのまま仕舞っておくのは洗うよりもダメージになるんじゃないか?と心配になります。
多分クリーニングならばスカーフくらいの値段でやってもらえるだろうし、着物を扱わないところでも帯揚げは受けてもらえるのでしょうが、汗に関しては何でも洗えるものは洗っちゃいたいのです。
昨日はお天気だったので何枚かお洗濯しました。

絞りのものは水洗いで、バスタオルに平置きで乾かせば絞りがどうかなることもないようです。
唯、部分絞りのほうが厄介でした。
絞りの部分を避けながら残りのシワを取るとなると、コテなどで細かくアイロンをかけねばならいので、洋服用のアイロンではちょっと難しい・・・。
これはクリーニングが無難そうですね。
総絞りの場合は表面に細かいシワが出来ても、シワなんだか絞りの加工なんだか締めてしまえば全く分からないのでノーアイロンで楽なくらいです。

でも・・・帯揚げでこんな染みが出来るんだから、もっと肌に近い着物は? 帯は? と考えると怖いデス。
posted by AKA at 12:16 | 着物のお手入れ 着付け

2009年08月28日

夏の普段着物

着物の面積で体を覆っても大丈夫な湿度になってきた気がします。
夏着物を片付ける日が近くなってくると 「 あれも着なかった、これも着なかった 」 と出した事すら無駄だった事を後悔するので、そろそろ 『 普段着物生活復活 』 のリハビリを兼ねて浴衣で過ごしてみようと思います。

着物090828.jpg

夏でも着物、という人は浴衣を愛用されている方が多いみたいですね。
ワタシはあまり浴衣は持っていなくて、それが夏の着物離れに大きな影響を及ぼしているのかも。
来年は少し浴衣を増やすべきなのだろうか?
それから楽チンな兵児帯も必要かも。
「 毎日が縁日気分 」 みたいにならないだろうか?

着物は作ってもらったり、譲られたり、縁は色々あるけれど・・・浴衣が欲しいと強請った記憶はそういえば無い。
浴衣というジャンルにそもそも興味が薄いのかもしれません。
綿着物って感覚で着れるような雰囲気のものを探してみると良いのかもしれませんね。
posted by AKA at 12:31 | 着物コーディネート 普段着

2009年08月30日

ハイジの気分

谷川岳はそれほど高山というわけではないのに、ハイジのようなアルペン気分が味わえる山。
登りきってしまえば尾根づたいを上がったり下がったりしながらパノラマを楽しめます。
誰かが 『 天地人の主題歌ラストの映像みたいじゃない? 』 と言っていたっけ。
私はあのシーンを見る度、「 昔はわらじで山を登ってたとしたらスゴーイ! 」 と、ピントのずれた感想を持つのですが・・・。

090830.jpg

下界は完全に夏なのに頂上は冷たい風が吹いていて、体感温度は10度くらいにも感じられます。
厳しい気候の山なのでしょう。

かなり年配の方々が沢山いて、「若い人」を連呼されましたよ。
山では私は相当若手の部類らしいですね。
年配の世代の人は本当に足腰が丈夫なんだな・・・毎回山に行くたび脅威的な体力に関心するばかり。
というか精神力が並大抵ではないのではと先輩達を見ていて感じるのです。
自分でも時々「何でこんな思いをして上に行く必要が?」と思いますもん。

090830_2.jpg

今回は石場も多くて股関節に限界を感じつつ登りました。
何かその部分を鍛える筋トレとかしないと、上級コースを行くのは無理じゃないかと少し落ち込みました。
夏の終わりだったので花は終わりかけという感じでしたが、登った感じでは秋の紅葉のほうがイイ山かもしれないと思いました。

posted by AKA at 12:27 | 色々な時間