2009年06月02日

歩きにくい下駄の形

千両下駄090602.jpg

外出中に下駄が真っ二つに折れたらアナタはどうします?
和装の履物屋はちょっと行けば一軒くらいある・・・という店じゃありません。
自分の重心に合わない下駄のせいで、そんな想定外の出来事に合ったのです。

先日、歩道橋を降りた所にあるインド料理屋に向かっていた時、階段の途中で何かが足の裏に当たった。
んん?と思いながらも降りきり、下駄を脱いで確認すると下駄の中央に前後を分断するような亀裂が入っている・・・! まだ3・4回しか履いてないのに。
やばい・・・これは絶対やばい・・・。

こんな時に限って、「 お飲み物はドリンクバーへご自由にどうぞ♪ 」 と言われ、喜ぶどころかブルーな気分になって、全て同行したH氏に頼み、トイレに行くのすら限界までガマンした。
食事中も頭の中は “ 家に帰りつけるか? ” と “ この店にガムテープがあるかどうか聞くか? ” の2点がぐるぐる巡って、会話にも集中できなかった。

まだ亀裂だし・・・家まではそう遠くはない。
そう覚悟を決めて店を出ると、ものの1分もしないうちに真っ二つに割れてしまった。
それでも千両下駄はつま先がスロープ状になってるので、つま先を地面に当てて、裏道を選んでヨタヨタしながらどうにか帰宅したのです。

電車に乗って行くような場所にいたらどんな事になっていたんだろう?
ガムテープは安全ピンと並ぶ必需品だな・・・と思った。
前がスロープ状の “ のめり ” でも小町下駄のほうがかかとがしっかりしていて安定感があるかも、千両下駄は初めて履いた時から 「 なんか歩きにくいなぁ 」 という印象で、私の歩き方や体重のかけ方には合わなかったからこうなったのかもしれない。
慣れた二枚歯の下駄のほうがずっと歩きやすいから、二度と千両下駄は買わない! と今回の件で学んだものの、今回割れたものに関しては勿体無くて 「 車で行って帰る用途なら使えるかな 」 と思い、接着剤でピッタリ合わせてバイスで圧着して修理しました。

下駄の補修090602.jpg

クラックで塗装面が剥げたけど、自分で塗装した下駄なので塗り直しすれば、もう少し目立たなくなるかも。
いくら密着してても信用ならないので、裏を金属プレートで補強しました。
こんなんで全体重支えられるという確信は持っていないけど、鼻緒もオーダーしたものだし、悪あがきで使ってみます。
posted by AKA at 12:32 | 和装小物について

2009年06月04日

ピンク系の色合わせ

以前はピンク否定派だった私も最近では 「 ピンクさん、すごいですねぇ 」 と感服しています。
“ ピンク = カワイイ ” という一般通念の 『 可愛い 』 というキーワードにひっかかりを感じて、自分には縁のない色と決めてかかっていたのですが、どんな色系統にだって深さや明るさや派手さや大人しさは存在するから、可愛いばかりじゃないピンクだって存在するって事を認識するのにずいぶん時間を要した感じです。
そんなマイブームと圧倒的大多数の支持もあって、意識してピンクの配色に挑む機会が増えています。
年々ピンクに傾く自分がいる。

Tシャツ0604_2.jpg

そんな流れで、更にピンク系統の配色のを増やしつつ制作したテキスタイルプリントのTシャツ。
こちらの2点は定番の柄配置とは違う特殊なバージョン。
完全な一点もの。
モーブベースは大量のダリアを左サイドに配置。

Tシャツ0604_1.jpg

ディープパープルはもう少し少なくて右サイド配置。
それでも定番柄より花数多めですので、花好きの女子にはご満足頂けるかと。
posted by AKA at 12:35 | テキスタイル-絵のような布

2009年06月06日

大きめパーティーバッグ

パーティーバッグはみんな小さい・・・
でもパーティーに行くからって荷物が少なくなりはしない。
この間クロークが無いと予想されるパーティーに行く為に、洋服と着物兼用で使えるバッグを急遽制作しました。

着物バッグ090606.jpg

洋服の場合は無地っぽいワンピースに合わせる事を想定すると柄モノのバッグがバランス良いのだけど、着物にも合わせるのなら、すごく細かい模様 or すごく大きい模様のほうが柄と合わせやすいので、花柄などは避けました。
デイリーに使う事も考えると色々な着物や羽織と無難に合わせられる柄がいい。
無地っぽい着物は洋服同様合わせられて、柄がはっきりした着物の場合はまったく題材が異なる雰囲気で、やや余白もあるデザインのほうが無難にコーディネート出来そうなので、このテキスタイルプリントを選びました。
まぁこの模様なら、無地・幾何学柄・植物柄と大体喧嘩になりにくそう。
色も着物とのコーディネートの幅を考えると紫〜臙脂などが無難だった。

かばんの中身.jpg

財布・携帯電話・ポーチ・ハンカチ・ティッシュ・カメラ・メガネ
以上が絶対持ち歩くマストアイテムなので、それらが楽々出し入れできて、更に若干余裕がある大きさがベスト。
特にメガネケースは大方のパーティーバッグには入らなくって困る事多し。
重さに耐えられるように開口部と持ち手は牛革。

でも持った時には小さめに感じる事がパーティーや着物の時では重要なので、必要以上の大きさにならないように何度も型紙調整しました。
だから一番時間がかかったのは型起こしかな・・・
せっかくだから販売用にも制作するか? と検討中です。
posted by AKA at 12:26 | 和装小物について

2009年06月09日

ビーズ刺繍のタペストリー

ビーズ刺繍のタペストリー.jpg

パッチワーク的感覚のビーズ刺繍のタペストリーを額に入れて飾っているのを見かけた。
じっーーと良く見ると、一つ一つのパーツは大作ってものには程遠く、どちらかと言えば雑というか、ゆるーーい空気さえ伝わってきそうな出来栄えだったりする。

ところが、そのゆるい雰囲気のパーツが一致団結すると、案外見栄えするものになるからパッチワークって手法はあなどれない。

以前キルトの展覧会を観ていると、作品の一つに店名のロゴがプリントされたリボンをクレイジーキルトの手法で仕上げたタペストリーがあった。
ゴディバとかチョコレートやお菓子などの包装に結んである例のリボンなんですが、その身近なゴミ同然のものが何百本と縫いこまれているんです。
ちょっと圧巻。
うわぁこんなの作ってみたいかも・・・とその瞬間は思ったけど、隣で見ていたご婦人が 「 こうなると何にも捨てられないわねぇ 」 と笑いながら呟いたのにハッとして、そうだよねぇ、材料集めるだけでどれだけお菓子食べなきゃなんないんだ、と当たり前のように諦めた。
パーツ自体は美しいとはお世辞にも言えないものなのに、縦横無尽に流れる大量の色の線は現代美術的ですらあった。

ビーズ刺繍したものを額に入れて飾りたい。
なんて事を目標にすると、さぞかし見栄えのいいものを作らねば! と肩に力が入ってしまい進捗しなそう。
一日で終わるような簡単な図案を一枚、また一枚と作っていって、集まったらパッチワークにするというのなら、タペストリーくらいの大作も可能だったりして。
posted by AKA at 12:00 | 布のアトリエから

2009年06月11日

刺繍で着物の色合わせ

着物・帯・和装小物、持っているけれど上手くコーディネートがまとまらない・・・とか、他の物との相性がイマイチ悪くて出番が少ない小物だなぁ・・・と感じる事があります。
とくに夏の着物は色柄があっさりしたデザインが多くて、いつも同じような感じになって変化に乏しく飽きてしまったりする。
その上、譲られた品の中には、何に合わせるつもりでここにあるんだ? という唐突な色の小物などが箪笥に潜んでいたりする。

刺繍半襟090611.jpg
このパッとしたターコイズブルーの帯揚げも一度も出番がない物です。
袷の着物用ならきっと大活躍な色だろうけど、夏物の絽にしてはちょっと色が濃過ぎるんだと思う。
でも持ってる物は何とかコーディネートできるようにしたいので、半衿で色をつなぐ事にしました。
もちろん市販ではピッタリなものを見つけるのは大変なので、手作りが一番てっとり早いと思い、刺繍で作ったのが写真の半衿です。
図案は何でも良いから刺繍糸を選ぶ時に、持ってる着物アイテムと同じ色で構成するとマトメ役として重宝する気がします。

刺繍090611.jpg

選んだ紫地の半衿は着まわしの良い色じゃなかったので、一石二鳥。
ランダムな模様のほうが易しいので、円をベースにした薊のような感じにしました。
PCで作った下図を印刷して、チャコペーパーで左右対称に写取るのですが、絽の半衿はチャコがくっきり付きにくいのでちょっと作業しずらい。
こんな図案のものでしたら合間を見つけてチクチクすれば、そんなに時間を要する事もないので、労力は報われるのではないかと・・・
夏着物のコーディネートが少し増えた気がします。
posted by AKA at 19:04 | 着物まわりの小物を手作り

2009年06月13日

鳥の眼力

鳥の顔ってすごく個性的だったんだと、顔に注目して初めて気付く。
すごい人相 ( 鳥相? ) ・・・を発見して楽しくなってしまった。
羽の色や鳴き声ばかり気にして、いままで顔付きの事まで注意した事なかったけれど、先日鳥のテーマパークに行って、放し飼いの鳥達の顔を身近にマジマジと見ていると、その眼つきがそれぞれあまりに違っているのでアップで撮りまくりました。

090613_5.jpg 090613_6.jpg

まるでぬいぐるみに付いてるピコピコ動く安物の眼みたいなテリムク。
初めて見た時はこんな眼で見えるのか?と疑わしくなったけど、ひょうきんな顔がお気に入りになった。
そして意外にキラキラな少女マンガみたいな顔だったのがインコ。

090613_2.jpg 090613_1.jpg

エボシドリと孔雀は種類に関連があるのか不明だけど、頭が特徴的で、どちらもニワトリみたいな目をして 『 無心・・・ 』 って感じ。
孔雀ってこんなパンチパーマみたいな短い鱗状で、頭の冠もゴージャスだったのかと、どこまでもデコラティブに徹しているのに感心しました。

090613_4.jpg 090613_7.jpg

勝手にカワイイと思い込んでたフラミンゴがこんなに悪どい顔だった事がショックだった。
「 ふんっ 」 って感じでガンを飛ばされ、ウザそうに顔を埋められた。
そしてまたまた勝手にカワイくないと思い込んでたフクロウやミミズクが浜崎あゆみ的につぶらな目をしていたものだから、咄嗟に飼いたい・・・と思ってしまった。
多分実行したら周囲から 「 魔女 」 と呼ばれそう・・・。

090613_8.jpg 090613_3.jpg

水鳥は全般的にウルウル瞳で可愛くて、こんな人がいたらホレる!
そして、「 なんですか?その色! 」 なオオハシ。
すべてがウソっぽいので、生き物であること自体が不思議です。
posted by AKA at 12:26 | 色々な時間