2009年05月15日

着物の洗濯には◎日和

着物の洗濯1.jpg

洗い立ての着物ってフワッとしていて、洗う度に柔らかくなるのは嬉しい。
クリーニング代節約の為、冬物のウール着物を毎日一枚洗濯して、少しづつ手入れと夏の支度をしています。
「 一日で何枚も洗う 」 というのは今年から止めました、だってタイミングを計るのが気がかりで他の事が手につかなくなるので気が重くなってしまうから。

洗う前に袖先のアール部分に布埃が溜まり易いので、袖の中の埃をブラシでお掃除します。
寝具用などの大きな洗濯ネットの中に着物を入れて、洗濯機をドライモードで脱水無しに設定してスタート。
着物をネットに入れる時 「 型崩れしちゃいけないから 」 と着物畳みしてキッチリとネットに収めて洗った事がありましたが、いざ干そうと広げてみると中は全然濡れていない??・・・。
ウールは撥水性が強い繊維だし、ドライモードはとても繊細に洗うので、ネットに入れた上に必要以上にピッチリ畳むと、中までちゃんと洗えないみたいです。
一枚で洗うならもしかしてネットも要らないのかもしれないけれど、とにかく一旦広げてフワッと入れています。

そして脱水は使わず、水を抜いて濡れたまま干します、5月の晴天日に南向きの場所に朝から干すなら40分〜1時間程度かな。
私は朝のうちにこの作業をするようになりました。
我家の物干し場は屋根が無く、日差しが強くなる時間になると、上部は直ぐ乾くのに裾はビショビショ・・・と言う風になって、均一な生乾き状態になってくれません。

湿っているうちに着物の裏からアイロンを当ててシワを取るのも順番決めちゃってます。
【 衿 → 身ごろ → また衿 → 袖 → またまた衿 → 表に返してキセを整える 】 
身丈が重要ならタテに、身幅と裄ならヨコに、一旦始めたらどちらか一方の方向だけアイロンを動かすようにしないと崩れますから、それもちょっと面倒です。

洗うと型が崩れるという心配はあまり無いけれど、どんなに洗剤が良くなっていてもウールですから、160cm以上の長さの物は1cm程度は絶対縮みます。
洗った事のないウール反物は身丈が4cm縮んだ事もあった。
それでもウールは普段の家用か雨の日用なので、私はクリーニング屋に出す気がまったくないし、新品同様の姿を留めようとも思っていません。
予防策として作る前に出来るだけ縮めてしまい、身丈は余裕をみて仕立てるようにしています。

着物の洗濯2.jpg

腰紐も洗ってサッパリ。
パリッとしていると着付けが崩れにくいので、ぐにゃぐにゃになりにくい自分に合った硬さの素材を選んで、好みの長さと幅で作っています。
posted by AKA at 12:24 | 着物のお手入れ 着付け

2009年05月18日

海外で物を売るということは

ポーチ090518.jpg

パリの展示会に参加した作品が戻ってきたという知らせが届き、やはり “ 和 ” っぽい雰囲気が強いテキスタイルのほうが受け入れられるのかな、と思う・・・
ワタシごとき者が売り上げ報告の現地換算レートを見て、ユーロってこんなに下がったのか、と愕然とするのであるから、ウン百万円の車などを売買している各製造業や投資家がどうかなるのは当然の混乱だろうなと、円高ってものを初めて身近に感じたのだった。

日本の材料を使って日本で作ったものを海外で売る

プレミアが付くような物を除いたら、まったくもって非現実的発想としか言えない現状かもしれない。
でも、ずっとずっと継続して売買をしていたら、レートが悪いから売らない、良くなったら売る、そんな発想もまた非現実的。
どちらにしても、エコノミスト的思考のかけらすら無い私は、唯唯 「 はぁ・・・」 という風に、自分に関わりのある事実だけ受け止めるのみで、長期的目算も為替もまるで無縁の世界、という日常です。

せいぜい消費者的目線で、「じゃあ、今海外に遊びに行っとくべき?」 というのが精一杯の思いつき、というのは我ながら情けないですね。
posted by AKA at 12:28 | テキスタイル小物

2009年05月20日

そろそろ青系の普段着物

そろそろ夏に向かって、青系の色合わせが多くなってきました。
先日雨の日に色が濃い着物を着ましたが、せめてその他の部分は青系にして、うっとうしい雰囲気にならないようにと思ったけれど、もう暑いのですね。
洗濯してしまわなくちゃ・・・。

着物_ドット.jpg

秋に縫ったこのウール着物は大活躍だった。
来シーズンはどんな生地で作ろうかな、と生地問屋を物色しているのですが、着物になりそうなピンッとくる布に出会えずにいます。

そして冬の間に縫っておこうと思っていた単衣の着物を今頃になって、猛ダッシュで縫っています。
追い込まれないとやれない・・・夏休みの宿題みたいじゃないかと後悔している間も、日々暑くなってきて、初夏はもう目の前って感じですね。
posted by AKA at 12:30 | 着物コーディネート 普段着

2009年05月22日

オールドローズ

白の房咲きになるバラは、小さくて可愛いロマンチックな雰囲気。
繰り返し咲く性質が強いので、今頃から3回くらいは繰り返し咲きますが、やっぱり一番最初の花が何て言っても一番。
豪華さはなくても明るい葉色とクリーム色の花を見ると明るい気分になる。
実際シュートも結構出るし、勢いがあって元気な性質です。

オールドローズ1.jpg

オールドローズ3.jpg

ミニバラに近い大きさの花は、小さくてもちゃんとカップ咲きで、アクセサリーにしたくなるような容姿をしています。
でもハイブリッド種と違って散りやすいんですよね。

毎日ハラハラと花びらが落ちる
そんな姿も可憐

でも最初はいいのだけど、終わった花と蕾が一房に混在してくると、少々見苦しい。
んーーー花持ちを考えるとハイブリッド、姿はオールドローズやイングリッシュローズ・・・どちらも兼ね備えてるとカンペキなんですけどねぇ。

posted by AKA at 11:00 | 植物の色

2009年05月25日

ウェディングパーティーの着物

結婚式に白っぽいスタイルで行くのはNGだけど、クラブイベントっぽいパーティーだったので、暗い空間ならいいか・・・なのと、そんなこと気にする花嫁ではないはずだから、空間重視の着物コーディネート。
もちろん訪問着とかそういう類の着物が合わない趣向なのでもっと気軽な物を選びました。

着物090523.jpg

パーティー前に友達とカフェで長々とおしゃべり、すっかりリラックスムードでくつろいでいます・・・おはしょり辺りがグシャグシャになってるけど、綸子だとシワにならないので、長時間ぶらぶらしていても大丈夫なのがありがたい。
今日の着物は露芝 ( 草と水玉の模様 ) 。
かなり白に近いクリームイエローの芝地紋の綸子に黒のピンドットの染めで、朱色の絞り染めが散っている着物です。
和風な雰囲気を排除!の為、半衿はNYで活動する知人のテキスタイルデザイナー岡野優さんの作品、帯は金・赤・黒の配色で船や植物や図形がデフォルメされた模様のもので、全体を水玉テーマで揃えてみました。

そしてウェディングパーティーは遊び大好き!な友人らしい趣向の結婚式でした。
会場中大盛り上がり!
私はもうすっかり夜遊びは卒業し、ネイチャー系に変貌を遂げていますが、着物じゃなきゃ騒ぐ血を止められなかったかも。

ポールダンス.jpg

花嫁の強い要望により登場したポールダンサーのカオリ嬢のポールダンスパフォーマンス ( 花婿の希望じゃないところがミソ )
全員釘付け!
開脚とかきわどいポーズなんだけど、引き締まったプロポーションとスゴ技連発のために、競技を見てるような気分になった。

そしてウェディングお決まりの “ お帰り際の手土産 ”はというと ・・・普通過ぎる事をしない彼女は、友人で 『 馬券会計学 』 の著者、丸の内龍太郎氏に依頼した馬券でした。
シメまで遊び心満載でアッパレ!です。

2009年05月28日

男子には譲りたくない領域

最近はどう見てもレディース、って感じの花柄やキュートな色のメンズものが作られるようになってきてるみたい。
ポール・スミスに行くと、 「 すみません、これで小さいのないですか? 」 と聞いてしまうくらい着たくなる服があって、レディースのデザインよりツボな物があったりする。
いっそ同じデザインでレディースからメンズまでサイズがあったらいいのにと思ってしまう。

Tシャツ.jpg

前・後ろ両面プリントのメンズTシャツは、前がドローイングで後ろがペインティングのものです。
背中のほうが色が使われていてカラフルになっています。
定番のダーク系以外にペールトーンの色調も制作しました、ちょっと草食系男子向きかな?

以前、結婚相手の男性に求める理想は “ 3高 ”
『 高学歴 ・ 高収入 ・ 高身長 』

でも今はちょっと事情が違ってきていて “ 3低 ”
『 低リスク ・ 低依存 ・ 低姿勢 』
なるほどぉ 「 私の邪魔せずにアナタはアナタでホソボソやってくれ 」 みたい、女子は確実に強くなってる・・・

とはいえAKA+Hに関しては、レディースは相変わらずピンク系の支持が高くてちょっとホッとします。
男子がレディース化、女子がメンズ化してくるのが徐々に感じられるけど、乙女チックな世界はできれば男子には渡したくない世界です。
posted by AKA at 11:57 | テキスタイル-絵のような布