2008年12月01日

巨大なイネ科の植物の林

大胆過ぎる振り分けですが、日常良く目にする植物の大半はバラ科かイネ科である・・と思ってはいたけれど、竹や笹がイネ科の植物だということを極最近まで知らなくて、植物好きとしては穴があったら入りたいような気持ちになりました。
ということは竹林は、数mにも育ったイネ科の林ということになるのか・・・。

何科に属する植物なのか考えた事なかったので、あえて話題になっていたら 「 えーーとササ科ってある? あっ、ミョウガに似てるから、もしかしてショウガ科かな? 」 なんて答えていたかもしれない。
パンダがムシャムシャ笹を食べるのを見ていて 「 あんなの食べてて栄養つくのか? 」 と思っていたけど、イネ科なら確かにお米や麦の親戚だから主食として妥当だったんですね。

着物081201.jpg

竹林と向き合うと吸い込まれるような静寂さに気持ちが落ち着く。
かなりコンセントレーションが高まる場所だと思います。
私の場合、飽きることなく見つめて風の流れる音に意識を集中すると、水の中にいる時と同じような開放感が体験出来てリフレッシュ出来るので、とても好きな場所です。

日本人ならば青々とした竹が何処までも続く視界すべてが生緑の空間を嫌いな人は珍しいでしょう。
そこに精霊の住みかが在るかのような静謐さがあり、森と違って危険な事が起こらないイメージがあるんです。
そういえば祖母が 「 地震がきたら竹林に逃げ込むんだよ 」 と教えてくれたけど、住宅街にそんな場所あるわけがないですよね。
posted by AKA at 13:29 | 色々な時間

2008年12月03日

秋は着物で京都旅行

京都の紅葉.jpg

こういう景色を前にすると京都はやっぱり秋がいいなぁと思ってしまいます。
混むのは分かっていても懲りずに来てしまうんですよね。
京都の紅葉は例年11月後半〜12月初旬が見頃で、今年の紅葉は若干早めかもしれないと感じましたが、場所によっては今週くらいは楽しめそうです。

一週間の滞在となると持っていく着物に悩まされます。
しかもお天気があまり良くないという予報だったので・・・
小紋・紬・ウールの三枚の着物を選び、小紋と紬とウールに共通で使える帯を持たないと荷物が膨大になるので、染帯と縞柄で光沢のある帯にしました。

着物081203.jpg

この日は雨が降りそうなのでウールの枯葉っぽい植物模様の着物に紅葉っぽい色合いの縞帯にしています。
この帯は“ 白ベースの暖色系/青ベースの寒色系 ”のリバーシブルの袋帯で、旅行などには名古屋帯より畳みやすくて便利です。

写真の場所は永観堂。
白壁に模様がありますが、これは生モミジなんです。
誰かのイタズラかな?って思っていると、若いお坊さんがモミジを拾い上げ、手にしたバケツの水にくぐらせ壁にペタッとしています。
ちゃんと隣に先輩のお坊さんがいて、「 この辺が足りないから付けろ 」とか指示してました。
なかなかキレイで面白いアイデアですねー。

posted by AKA at 12:48 | 着物いろいろ話

2008年12月05日

グラデーションなニット

ニット081205.jpg

“ 色を見せる ” という目的で制作されたかのような微妙に変化する色使い。
3本取りの極細毛糸を途中で1本色変え、また2本色変え、ランダムに色を繋いでグラデーションを作っています。
Hが編み機に向かいながら、ジャー、ジャーと機械を動かして制作していたのを思い出しました。

かなり前に制作したものなのですが、大量に箱詰めされていたのを昨日虫干しして、久しぶりにご対面。
色使いに関しては流石ウマイな・・・と関心。
作品って何年か経過してから再対面すると 「 今のほうが上達したな 」 と以前の物のダメ出しばかりしてしまうものですが、このニットに関しては、見るたびホッコリ幸せ感に包まれるのです。

あまりに沢山あったので 「 欲しい 」 と言われると譲ったり、作品制作している友人の場合は相手の作品と交換したりしました。
「 使ってるよーー♪ 」 と聞くと懐かしかったり嬉しかったり、箱詰めされたままじゃ可哀相ですものね。
私は紫系グラデーションの幅広タイプのマフラーを愛用してマス。
寒色系のグラデーションも時折黄色やオレンジの糸が混ざるのが、H氏らしい色感覚で面白いです。
posted by AKA at 18:08 | テキスタイル小物

2008年12月09日

常陸そばとあんこう鍋

そろそろアンコウが食べれる時期になったかな?
「 それならいわきか最低でも北茨城まで行かないと! 」 急遽そんなことになり、突発的に出かけました。
そういえば、この秋バタバタしていて秋蕎麦を食べず終いだった事を思い出し、茨城といえば“蕎麦”は外せないメニューなので少々時期ハズレの蕎麦も目的に加えてみる。

笠間-和味.jpg木挽庵.jpg

左:笠間の和味(なごみ)のせいろと野菜天麩羅 
11:30頃到着しましたので2組目の入店でスムーズでしたがあっという間に満席に、お蕎麦も美味しいし天麩羅はヤーコンや柿など面白いものの盛り合わせ。
マクロビオティックも取り入れているお店でした。
右:ひたちなか市の木挽庵の田舎そば
もちろんせいろも頂きましたが、太めで十割の田舎そばのほうが香りが良いです、もちろんせいろより量は少ないですが・・・
14時の閉店20分前に到着したので、こちらも直に入店できました。

ところが蕎麦屋を二軒まわると到底北茨城まではたどり着けないものですね。
結局日立まで行き、そこで普通のあんこう鍋をたべたのですが 「 んーーーこんなものかもな 」 という中途半端な感想。
むしろ他の魚料理や刺身の鮮度や美味しさのほうが際立っていたような・・・
特にお気に入りは“ 目ひかり ”
家の近くでも買えますが、あしが早い魚なのか箸でさわるだけで皮がやぶれたり、扱いが難しいのです。
茨城で食べたのは甘くて、身がフワフワで、正直あんこうより好みでした。

今度は茨城の蕎麦産地ならではのつけ汁が“けんちん”になっているのを食してみたいし、アンコウもちゃんと “ どぶ汁 ”(あん肝を溶かした汁で作る鍋)になってるのを目指して旬の2月にでも再チャレンジしたいです。
posted by AKA at 12:54 | 色々な時間

2008年12月11日

シルクの輝き

“ 光の街まえばしプロジェクト−シルクの輝き ” というイベントが銀座にある群馬総合情報センターで開催されました。
群馬県産の絹のご紹介が主なテーマになっており、「 群馬の絹地にプリントしてください 」とのご依頼を受けました。
かなり時間に猶予がなく、このために制作した図案というわけにはいかなかったのですが、ご来場の方々にはご好評を頂けたようでホッとしました。

絹のライト081211.jpg

糸紡ぎや機織りの紹介も絡めるという事もありますが、“光の街まえばしプロジェクト”では糸巻きに絹を巻いてイルミネーションを行うイベントで、群馬=絹というイメージを発信していく試みもあります。

富岡製糸場と絹産業遺産群も世界文化遺産に立候補していましたね。
確かに今でも群馬産生糸は全国シェア50%。
何だか冷静に拝見していますと、群馬の方々は謙遜が過ぎるというか、自己アピールもっとしてもいいのでは?と思うことが多いです。
二言目には群馬の絹は最高って言っていればもっと知名度もアップしそうだと思うのですが・・・

今は大島紬だって韓国や中国で織られているご時勢で、国産はなかなか生き残りが大変でしょうね。
もちろん私も群馬の着物を持っていますが、着物を着るものとしては、新潟の上布(麻の織物)のように絶滅寸前みたいな悲しい事にならない様、シルクカントリーとしての試みには色々期待したいと思います。

posted by AKA at 12:17 | 布のアトリエから

2008年12月14日

雨の日の普段着物

部屋にいる時は普段着のウール着物を着て、腰巻やら下着やら何枚も中に重ねて、かなり厚着をしますが、洋服よりも着物のほうが “ いっぱい着てるな! ” という見た目にならないところが防寒重視の外見を免れるので、自分の姿にゲンナリしなくて良いところです。

普段着の着物081214.jpg

もちろん足元もネル/別珍のあったか足袋ですが、部屋の中にいる時は5本指のつま先ソックスを装着した後に別珍足袋を履きます。
本当は外出の際にもそうしたいくらいですが、足をそこまで厚着させると下駄の鼻緒がゆるくなってきてしまうので、流石にそんな事は出来ませんけど、家にいる時はそれはもう可能な限り重ねます。
やはり防寒は足元から!ですね。
そんな訳で外用別珍足袋はジャストサイズ、家用別珍足袋はプラス0.5cmというふうに違うサイズで用意します。

今日は雨降りの休日でしょうから、暖房のきいた部屋の中、友達が持ってきてくれたVIRONのペストリーを食べながらヌクヌク過ごそうと思います。
posted by AKA at 12:03 | 着物コーディネート 普段着