2008年10月18日

ハウスリネンを家の模様に

織物や無地っぽいデザインをついつい選んでしまうランチョンマット。
テーブルや食器との相性を考えると、そういうものばかりになってしまうけれど、時には明るい気分になるようなカラフルな柄物も楽しい。

『 HOUSE & TREE 』 というタイトルのテキスタイルプリントです。
この間まで線画のみの柄でしたが、今回色付きバージョンに更新しました。
やっぱり色を持たせると同じ絵でも雰囲気が変わって、リフレッシュされた感じがします。

ランチョンマット081018.jpg


ベッドカバーなど面積大きい場所に柄物を使うのは苦手なんですが、ランチョンマットやコースターなら、シーンに合わせてテイストを変えて使えるので、色んな模様やカラーバリエションを持っててもいいかもしれませんね。






posted by AKA at 12:17 | テキスタイル-絵のような布

2008年10月21日

テキスタイルプリント展

今回、秋色を中心にした布と小物をスクリーンプリントで制作しました。
新作“ おやゆび姫 ”のテキスタイルプリントを、ご案内のハガキとしてデザインしましたが、小さなお姫様がいるミクロ的?小世界感が伝われば嬉しいです。
お時間ございましたらお出かけ下さい。

テキスタイル展081021.jpg

期間: 10/30(木)〜 11/3(月・祝)

時間:オープン時間が変動しますので、気をつけてお出かけ下さい。
   10/30・31 【 12:00〜22:00 】
   11/1・2 【 15:00〜22:00 】
   11/3 【 12:00〜20:00 】 

場所: zozoi 2F
posted by AKA at 12:13 | お知らせ

2008年10月24日

着物のシルバーアクセサリー

使わなくなった大きめのイヤリングをリメイクして、着物の時に使える根付にしました。
「 これだ! 」 と思って作ったわけではないのに結果的に万能選手なアイテムになってくれて、コーディネートが楽で助かります。

シンプルであまり華のない感じの着物には、ちょっとしたアクセサリーを加えると洒落感が増すけれど、帯留は帯と一体感の存在の為に柄の相性とか色々あるので、後からちょっと足すには悩ましい事もある。
それに比べて根付は後からスッと帯に入れるだけだし、純粋に付属要素なので気楽に着けられるから依存度が高くなってしまうのです。

根付081024.jpg

シルバーは邪魔にならない色なので、どんな色の着物でも、古典柄でも現代柄でも、染物でも織物でも、何にでも合わせやすくて便利です。
和の感じにしなくちゃ・・・
なんて組紐と合わせたりするよりシルバー一色にしてしまったのが正解でした。
だから買い足したのはチェーンの部分だけ。
しかもたったの10cm。
だからちょっと贅沢な、太くて個性的なものを選んでいます。

写真の新作図案のレース模様、カジュアルな半幅帯を自分用に作ってみようかな・・・要検討事項にしましょう。

posted by AKA at 17:45 | 和装小物について

2008年10月28日

縞の着物

秋の着物はこっくりした色合わせにするほうが気分にはまるでしょうし、秋の着物イメージにピッタリでしょうが、そんな季節感を楽しめないコーディネートをする日々が続いています。

展覧会の準備で慌しい日々なので、すべての長襦袢にあれこれ半衿を付けてスタンバイ、という体制で着物生活に臨めない状況なものですから、外出の時は、たまたま付けてあった半襟に無難に合いそうな着物は・・・という選択をするしかありません。
こんな時は 「 確かに白衿は便利なのかもしれない 」 と思います。
着物と合うとか合わないという感覚とは一線を隔しているので、あれこれ付け替える煩わしさからは開放され、清潔さを保つことのみに気を配れる。

着物081028.jpg

でも私は白衿派ではないので、あまり半衿の事に手をかけられない状況の時は、自分の持っている着物にあわせやすい色を付けておきます。
私の場合は “ 灰桜色 ”“ 鳥の子色 ” などを付けておくとコーディネートの許容範囲が広いので頼りになる色です。
posted by AKA at 12:33 | 着物コーディネート 紬