2008年10月02日

猫よけ対策あれこれ

猫を避けるために耳に入ってきた糞尿対策方法を様々試したけど、これが一番効果がありました。
植えてから約2年、今も増殖し巨大化するミント・・・我家の西側がネコ達によってトイレ場所になってしまってから様々な事をやってみましたが、見た目も良いし効果有、もっと早くやれば良かったと思う。

ミント081002.jpg

猫は濡れた場所が嫌い
→ 水をやたら撒いてみた、でも一日中水浸し状態にはできない。

土が好きらしい、という事でゴロゴロ石をバラ撒いて足場を悪くしてみた
→ 平気で石の上にもする!

市販の様々なネコ対策スプレー&散布剤
→ 個人的見解では、金額ほどの効果はなかった気がします、地面は広い!

ネコよけトゲトゲマット
→ これは効果あります! 但し、花壇やプランターなど限られた大きさ場所向きでしょうね。
実家はコレで成功しましたが、我家は対象面積広すぎるし飛ばされそう・・・。

という経過を経て “ ハーブ ” に行き着いた訳です。
知人が「 ミントの匂いが嫌いみたい、効果あるよ 」 と教えてくれたので早速植えましたが、ミントが伸びていない付近の土の部分にもしなくなり、通り道から除外されたみたいで、猫との戦いに終止符が打たれました。
180円のちっさいポットのミント苗を1つ植えて2年でこの有様。
土の養分全部吸い上げてない?


posted by AKA at 11:32 | 植物の色

2008年10月04日

モノトーンのテキスタイル

クルミボタン081004.jpg

黒も白も “ 色 ”には違いないけど、色じゃない。
モノトーンの物をみて 「 色がなくてつまらない 」 と言うこともあるってことは、やっぱり認識できる存在だけど色という感覚ではない・・・彩(いろ)じゃないってことですよね。

でも黒と白の強いコントラストはドローイングを一番キレイに見せる組み合わせだと思います。
テキスタイルプリントの場合でも、一見可愛い感じの図案をグレースケールのみで表現してみると違った存在に感じられて、ハッとする画面に出会ったりするのです。

大きい面積で使うことが多い布たちですが、ボタン作りに小さく切り取った断片を見ると、図案の中の部分部分のドローイングがそれぞれ自分の存在を主張するように 「 主役 」を演じられることが分かりました。
黒は小さいものほどキリッとさせてくれるみたい。
その強さと揺るがない存在感がつくる、静けさのような雰囲気が好きです。
posted by AKA at 12:46 | テキスタイル-絵のような布

2008年10月07日

川原と河川敷の時間

旅行に行くと各地で色んな川に出会う。
もともと水辺を眺めるなら川、湖、海の順に好きで、川へパンを持って散歩に行きながら、河川敷に座り朝食を摂る事もあります。
山へ出かけて 「 お昼のお弁当は何処で食べようか? 」 となると、地図で先ず探すのは川のライン、でも向かってみると、結果お気に入りの場所になったり、そうでもなかったり色々です。

川の風景の決め手となるのは川原の景観の好き嫌いによるところが大きい。
渓流のように水以外の要素がダイナミックに押し迫った風景は、ほぼ当りハズレのない場所が多いけれど、里山、郊外、街と降ってくると川幅が広くなり、水の流れにも変化や楽しみが見つけられないので、とにかく広くてゆったりとした川原のある景色に出会うと嬉しい。
普段利用する機会が多い河川敷と違って、自然の景色が楽しめるのがイイ。

081007.jpg

川原は砂や砂利や石で覆われた自然の岸辺。
河川敷は一旦堤防を作り、緑地や公園やグウンドを作ってからもう一段高い堤防を作る、堤防と堤防の間の場所。
最近の街は広い川岸を河川敷にしてしまう事が多いので、広ーい川原に出会うとホント嬉しいです。

posted by AKA at 12:17 | 色々な時間

2008年10月10日

日光白根の紅葉

紅葉前線はまだ始まったばかりで、金精峠も丸沼辺りはピークはまだこれからという感じですが2000メートル付近はそれはもう素晴らしい色づきです。
今年は久しぶりの当たり年に間違いないと思います。
赤系になる木々がこんなに発色良く色づくのは近年無かったし、赤と言うか、オペラ色とかマゼンダピンクとか珊瑚色とか蛍光塗料でも混ぜてるのか?と感じるぐらい様々なトーンに変色して輝いています。

日光白根081010.jpg

今日は日光白根山に登りましたが、朝から鼻水が出始めて、体調不良の兆しありという状態の上、秋は日々気温状況が変化するので、服装はマウンテンジャケットの用意をして登り始めました。

最初は軽装で登っていても暑いくらいだし、二時間ぶっ通しで続く斜面のルートを登り続ければ汗だくで、用意した上着は無駄になったかと思った。
その上、刻々と鼻水が止まらなくなっていく・・・。
もう鼻で呼吸が出来なくなるし、ガレ場に出てようやく山頂が見えてくると、赤いコケモモのカーペットがキレイな風景を、何枚か写真に撮る気力も出ましたが、それまで美しい紅葉の木々を収める余裕は皆無でした。

2500mの山頂付近の岩場をへばりつくように登る頃には、呼吸がままらない酸素不足に運動量が追いつかない為か 「気絶しそう・・・」 な疲労感。
すごく冷たい風が吹いて汗をかいた体がグングン冷える、冬用の用意は間違いでなかったのと、山頂で作ったカップラーメンに救われましたが、体調不良で山を登るなんて二度とするまい・・・と心に誓ったのでした。


posted by AKA at 23:49 | 色々な時間

2008年10月12日

着物の色合わせの基本

「 着物と帯の組み合わせに困ったらこのような選択をしてみましょう 」
という失敗しない配色ルールが着物の本に書かれているのを何度か目にしたことがあります。

@ 着物の柄の中で、少面積で使われてる模様の色を帯のベース色にする

A 帯の模様の1色と、同系か濃淡の地色の着物を合わせる

じゃあ、そんな定義に従ったコーディネートにしてみようと思い、今日は@のパターンにしてみました。
着物の模様のピンクを取り出して、帯と衿を似たようなピンク系にして、帯揚げは帯色の濃淡、帯締めは帯模様の主役色にしました。

秋の着物081012.jpg

普段、無意識に好き嫌いだけでやっている事を、あえて定義どおりに進めてみると、「 なるほどね 」 と思うことも多いものですね。
でも、定義を当てにし過ぎて、あてはまりそうな物が手元になかったら、返って困ったりしそう。

昨日から 「 今日は絶対インド料理を食べに行く! 」
と決めていたのだけど、なんか少しもインドらしい要素がない着物だ・・・

2008年10月15日

ウールのレース模様

中世的なクラシックレースをイメージしつつ制作したドローイングです。
今冬流行のパープルを取り入れた、ボヘミアンやフォークロアスタイルに合わせやすい感じのグレーベース。

テキスタイル081015.jpg

もちろん手描きの図案とハンドメイドスクリーンに拘るAKA+Hとしては、このような一見すると機械的に繰り返される連続模様に見える柄も、すべての線を大切に手で描いていくわけです。

チョンチョンとなってる部分も小さな花も、じぃーーーと見比べればひとつずつ異なる表情をもっています。
今時PCで、Ctrl+C/Ctrl+Vを繰り返せばあっという間のことでしょう。
でもそれじゃ堂々と 「 ドローイングです 」 と言えないじゃないですか。

こちらのグレー色は、スカーフとバッグがお揃いになります。
顔周りにレース模様、手元もレース模様。
これは絶対自分用にも作らなくては! ( レース好きなので )
posted by AKA at 12:30 | テキスタイル-絵のような布