2008年07月01日

フルーツの女王様

マンゴスチン080701.jpg

桃のようなジューシーな果肉とマンゴーのような甘さ、マスカットのようなさわやかな酸味、ベストバランスなフルーツで、やっぱり女王よねー、と思い出す・・・。
マンゴスチンの果肉がかなり恋しくなってきました。
(王様ドリアンの匂いは政権の座から引きずり落としたくなる人もいるでしょうが・・・)

東南アジアに雨季の今頃出かけると美味しいフルーツが市場に山のようになっていて、どれもこれも驚くほど安くてテンションが高くなり、この場ならばちょっとセレブ買い?の気分も味わえる。
日本ではトロピカルフルーツは相変わらす高価なので、現地では普通の果物 & 物価が安いことから 『えーー!』 ってくらいの値段を見て 「 一生ここで暮らしたい! 」 って、果物好きとしては考えてしまう。
マンゴスチンも何年か前から生での輸入が解禁になったし、いつかバナナやパイナップルまでは無理でも、マンゴーくらい身近な果物になってくれればいいのにと思う。

以前バンコクのマーケットで買ったマンゴスチンをホテルに持ち帰ったら、実の中に蟻が大量に居たらしく、蟻まみれの袋を相手に悪戦苦闘。
そんな苦労も果肉を一口含んだとたん 「ああ、これこれ! 幸せだ〜♪ 」 って至福の時間に早代わり。
ガッチリした外見をしてるけど、少し切れ目を入れてパックリ割る要領で皮を引き離すと、綺麗に白い果肉が表れるので、食べやすいのも魅力。

美大卒業してからあまり絵は描かなくなったけど、マンゴスチンを愛するあまりアジアでスケッチ。
手早く描き終えて食べたい欲求のためか、かなりいい加減な絵で失礼します。
posted by AKA at 07:48 | 色々な時間