2007年11月01日

綿帽子の模様

071101.jpg


「花火みたいな柄ですね」 「何かの花ですか」 「星みたい・・・」
などなど、ご覧頂く方々が様々な印象を持つプリントテキスタイル。

タイトルは 『綿帽子』 です。

この図案を作る以前は天地のはっきりした図案が多かったと記憶しています。
H氏はそういう絵的な図案が好きだったので、このペン画図案が出できた時
かなり珍しいな・・・という印象だったことを覚えています。

実際何か形に制作する私としては、上も下も右も左も特に規制がなくて非常に
作りやすく、自由を謳歌出来る喜びを噛みしめたのでした。
今も大好きなこのプリントデザイン、自分的にAKA+HのBest of design賞
をあげてます。

2007年11月02日

着物のメンテナンス

071102.jpg

着物を母から、祖母から受け継いで着るというのは、洗張り・仕立て代などを考えると、譲られても費用が嵩むし、丈が足りないからもったいないけどそのままという人もきっと多いかもしれません。

母は私が生まれてからは、将来自分の着物を私が着ることを想定して身丈を長くして仕立てていたようです。
お蔭であまり着てなかった物は、裄丈を直せばすぐ着ることができます。
娘さんがいる方は長めに仕立てるほうが良いかも・・・
母の身長は155cm、私は163cm、恐らく母は着にくい丈だったと思いますが、着付けの腕前は師範だったのでなんとか工夫して着ていたのでしょう。

とにかく問題はメンテナンス費なんですよね。
この先母が亡くなったら、着物は誰が縫う?(売り忘れてた商品まである)
洗いは専門店に任せるとして、仕立てが出来たら随分事情が違ってくるはずですから、ひと月に一度くらい母に和裁を習っています。(さぼりがちですが)

しかも 『浴衣から』 じゃなく
「裄の直し方」「衿の天地替え」「帯の芯替え」
等々、超実践的な授業内容です。
私は自分の着物以外縫うことは今後もありえないのでかまわないのです。
必要なメンテナンスから慣れて、少しづつちゃんとした仕立てを覚える、というせっかちな私にはもってこいのカリキュラムです。

関連記事− 着物の洗濯 漆のキズ新修理法 
posted by AKA at 11:25 | Comment(0) | 着物のお手入れ 着付け

2007年11月06日

フルーツみたいな色の帯

071106.jpg

帯の柄が果物という事でもないのに、パッと見た印象がリンゴやオレンジやレモンを連想してしまう色柄の帯。
これだけ濃い色の帯ですが、着物コーディネートをするのが案外と楽です。

各色が均等な分量で配色された感じなので、総柄の物以外なら何か関連する色を合わせるのは容易で、普段着物の紬やウールならば大抵コーディネート可能な便利屋さんです。
しかも、かがり帯で地がしっかりしていて滑らずキッチリ締まるので着崩れしにくくて、家で色々動き回ってもグズグスにならなくていい感じです。

今日は帯揚げも帯締めも黄丹色にして、甘酸っぱい感じの帯周りにしました。
かなり濃縮したネクターのような味がしそうです。
posted by AKA at 12:36 | Comment(0) | 着物コーディネート 紬

2007年11月08日

秋なのに満開の花

071108.jpg

周囲は紅葉に包まれ、落ち葉が舞い、来春の種蒔の準備で煙を揚げる焼畑、空も綺麗な鱗雲、季節の終末。
毛布に包まりながら焼芋でもホクホクと頬張りたくなる、そんな秋真っ盛りの朝霧高原で、
「私はまだまだ終わらないわよ! 人生まだまだこれからよ!」
って、保険会社のキャッチコピーを彷彿とさせるダリア群生地を発見。

それまでの穏やかな景色を一変させるマゼンダ色の塊。
見つけた瞬間に私まで季節が二ヶ月も一気に戻った気分になり、
「がんばるじゃん。お前たちぃ〜」
とTシャツで走り回りたい衝動にかられるくらいすごい生命力に溢れてました。

つかの間、大好きな夏を味わえて感謝。
posted by AKA at 18:48 | Comment(0) | 植物の色

2007年11月09日

静かに楽しめる滝

071109.jpg

地図に 『滝マーク』 があり、適度に奥まってると探検気分で出かけます。
山梨にある精進ヶ滝はかなり落差のある立派な滝ですが、あまりメジャーではないのか、のんびりと山の散歩を楽しみながら出会える滝でした。

途中渓流沿いに幾つもの小さい滝を越えたり、小さい滝の横手を登ったりして、すごく綺麗な水辺で休憩。
マイナスイオンは相当すごい数値だろうと思われる環境です。
夏ならぐっすり昼寝なんて最高かもしれません。

渓流沿いに上っていくので、景色の変化も充分楽しめるし良いところですけど、登り口まで行く標識がかなり分かりにくい。
でもそういう場所をさがしつつ、滝と出会いに行くのが楽しいんですよね。

この間 「袋田の滝」 にふらりと立ち寄ってビックリ! 何故あんな展望台を作ったのでしょう?
せっかくの滝が台無しになっていました。
気軽に短時間で滝を見たいという方々もいらっしゃるし、滝もバリアフリー対応を求められているのですね。(自然を相手に釈然としない・・・)
メジャー級の滝は私向きじゃない、ということですね多分。
posted by AKA at 18:34 | Comment(0) | 色々な時間

2007年11月12日

マルチカラープリント

071112.jpg


何色もの色が偶然隣り合い、色同士が融合しながら時にはまったく違う色になって、お互いのポジションを見つけてくれる・・・そんなプリントの方法です。

AKA+Hでマルチカラープリントと呼んでいる方法ですけれど、こういうプリントの仕方をそう呼ぶ事が正式なのかどうかは分かりません。
H氏がそう言いはじめたので、ああそうですかと認識してもう何年。
そもそも私は他で、このような色の出方をしているプリントテキスタイルを見たことがないし、マルチカラーいう商品になっているものを見ると、それは大抵インクジェットプリントで作られた機械による量産の物だったりしますから、一枚制作する度毎に色の出方が色の気分次第、というものとは違いますね。

季節柄、ペン画の葉がずらりと並ぶプリント図案を、まさに秋の紅葉と感じさせる配色にしたプリントテキスタイルです。