2007年06月22日

不要なボタンの再利用

070622.jpg


何かに使えるかも・・・と思うと色々な物を取っておくタイプの人間なのですが、代表的なものがボタンです。

洋服を処分するときにゴミ分別の関係もあって、ボタンを取り除くのですが、ついついそのボタンをストックしてしまうのです。
貝ボタンや古着のアンティーク調ボタンは当然としても、単なるプラ素材だったとしても、別にこれといって使う目的がある訳でもないのに絶対捨てないんですよね。

エコロジー&リサイクル実践とはいえ、意味ない行動をしてる自分がイヤなので、一番多い白系のシャツボタンばかりカーテンの裾飾りとして付けました。
色や大きさが微妙に違うところが逆にニュアンス出て良いかも・・・
以外な効果として、裾に重さがかかるので、風などでバサバサ揺れにくくて案外良かったです。
posted by AKA at 11:56 | Comment(0) | 布のアトリエから

2007年06月24日

ハリガネのペンダントライト

070624.jpg


鋼線で小さな輪つなぎを作り、はぎ合わせしていく方法でキューブ型にした部分に、チーク材と 「 ハリガネ 」 をテーマにしたプリント図案の布を組み合わせたオブジェ要素の強いペンダントライトです。

「 ハリガネ 」 という要素が布の制作に限らず、AKA+Kの色々な作品の重要な部分を占めている時期がありました。
テキスタイルプリントの柄をハリガネ模様に描いたり、針金を使ったオブジェと組み合わせたり、展示の際にワイヤーワークの什器を作ったり・・・

自由で繊細。
魅力ある素材です。
posted by AKA at 00:18 | Comment(0) | テキスタイル小物

2007年06月26日

開花予想

070626.jpg


日照時間や雨量や最低温度や最高気温や湿度・・・etc.
当然のことながら天候パターンは毎年毎年違いますが、人間にとっては些細な違いでも、植物はその点すごい感知能力なので、「今年はこんな天候だったよ」 と色々な成長表現で教えてくれるので鈍い人間としては感心するばかり。

そんな植物達の花が何時咲くかは、鑑賞者にとっては一大関心事。
見たい植物が何処で何分咲きで株数は、と入念にチェックして出かけて行っても、花芽の付きの悪い年だとか色々違いが出ますよね。

湯の丸高原ツツジ平のレンゲツツジは例年より約一週間は開花遅れ。
例年だと今頃はほぼ満開を向かえているので出かけてみましたが、まだ全体的には5分咲きくらいの印象で山全体がオレンジカーペットとはいかず、ちょっと残念。
でも湯の丸〜鹿沢までの地蔵峠は見頃でした。
来週でも大丈夫だった・・・やっぱり人間のカンなんてあてずっぽうですね。
posted by AKA at 08:46 | Comment(0) | 色々な時間

2007年06月28日

百日草の染め布

花の中に花模様。
ジニアを散らした図案を水彩画技法で着色したテキスタイルプリントです。

070628.jpg


花芯部分を極小サイズのスパンコールを留めていますが、色合いが全体的に落ち着いているので派手な感じにはなっていません。

実際のジニアの花は色が濃くて明るいものばかり、赤・ピンク・オレンジ・黄色など色の印象が強烈なイメージ。
我家の屋上ガーデンでは濃色厳禁なので育てたことがないですが、いつ見てもすごく元気な気分になる花ですよね。