2007年06月11日

テキスタイルと革のバッグ

070611.jpg


使い勝手がよくて売ってなさそうなカタチの崩れない布バックが欲しい・・。
巾着籠の籠部分を牛革にして作ったら生地と相性が良いかな? と思い
ステッチ入りの革底とテキスタイルを組み合わせて、紐と紐通しも牛革で、カタチも楕円で持ったとき幅が出ないように制作しました。

かなりヘビロテになっています。
洋服の時も着物の時も登場させてます。
ウソみたいに物が入るので買い物の時も小物類ならどんどんこの中に入れて、帰る頃には満杯、でも外見上は変化せずカタチもそのまま。
個人的には物を詰め込んだ時にぐずぐすゆがむバックは好きじゃないんです。
posted by AKA at 08:37 | Comment(2) | テキスタイル小物

2007年06月13日

山形の牛たち

山形牛と米沢牛、お隣同士でそんなに違いがあるのかどうか・・
最近はブランド肉に限らず出荷表示されているので、○○牛・○○豚・○○鳥など、色々な産地を目にしますが、みなさんお好みのお肉ってあるのでしょうか?

070613.jpg


ご近所だと立地条件がフェアで違いが分かりやすいと思うので、どちらもステーキを食してみました。
山形牛はサッパリと柔らかい、米沢牛はコックリと柔らかい、という印象。
私は牛肉を食べるならサーロインステーキで頂くのが好みですが、米沢の吉亭さんのは脂身も美味しかったです。

とりあえず私見では、山形牛は焼く料理向き、すきやき・しゃぶしゃぶ・芋煮など汁に入れて加熱するなら米沢牛という感想です。
味よりハッキリとした両牛達の差は価格のほうでした。
米沢牛のほうが全然高い。
脂に料金を支払っていると冷静に考えると、おバカみたいだけれど、やっぱり霜降りって大事です。
posted by AKA at 08:27 | Comment(0) | 色々な時間

2007年06月15日

数えきれない大量の色

070615.jpg


連続して同じ色を刺繍したりする事が多い亀甲型のスパンコールの場合、色や大きさ別にクリアケースに見やすいように分類していますが、平円型のスパンコールは色も大きさも関係なく全部まとめてケースに入れて使っています。
テキスタイルプリントのちょっとしたアクセントにするため、生地の色合いや、他に組み合わせる材料との相性を色々と考えながら刺繍する場合がほとんどなので、いろんな色や大きさが一目瞭然のほうが “ コレ! ” というものを見つけやすいです。

もう何色あるのか、何色が何枚あるのか、ほとんど認識不可能な量です。
色に溺れそう・・・

でもこの使い方のほうが、微妙な色合いを試しつつ仕上げていく場合には
作業が早くて確実にピッタリの色を探し出すことが出来ます。
posted by AKA at 11:53 | Comment(0) | 布のアトリエから

2007年06月17日

癒されるところ

朝一番に目の前に広がる誰もいないバリの綺麗な景色を独り占めしながら、ゆっくりと充実した内容の朝ごはんを一時間くらいかけてのんびり食べたり、まだ空気が冷えてる屋外のガゼボで、お茶を飲みながら読書や絵を描いたり・・・そういう予定の無いんびりした朝の過ごし方が一番の贅沢です。

070617.jpg


年に2回はバリのビラやホテルに滞在して10日ほど過ごす、というのが恒例になっている時期がありました。

突然 「 バリ行きで○○円というのがあったよ 」 とHが言い出したので、忘れかけていた最高の時間が突然思い出されました。
最近は短期間の休日を何度も取るパターンが多くなり、すっかり足が遠のきましたが、そろそろ本格的にアジアの脱力した時間が必要になるかもしれません。
posted by AKA at 06:43 | Comment(0) | 色々な時間

2007年06月18日

パッチワークのバック

トンボ模様のピンクのチャイナシルクや着物、色々な色のリボンをブライトカラーで色合わせをして、手染め作業のテキスタイルプリント「ガーデン」もブラウン系で制作しました。

070618.jpg


パッチワークバックは手作業の部分が多いのでオーダーで製作していて、毎回色合わせなど配色を変えています。
アクセサリー感覚で持ちたいとのことで、今回はブラウンの革とピンクやオレンジなど明るめの色で、水彩画手法で染めたAKA+Hの布もウォームカラー。
オーダーして下さった方もこのパックがとても似合うチャーミングな女性でした。お出かけの時間が楽しくなりますように!
posted by AKA at 08:48 | Comment(0) | テキスタイル小物

2007年06月20日

右利き過ぎる生活

最近すごく体が右重心に傾くバランスの悪さに気付き、勝手な解消法を実践中。
「左を使おう!生活」

左手に花鋏を持ち左手で花を生けましたが、脳の刺激にもなって面白いです。

070620.jpg


繊細さやスピードを要求しない作業、物を取る・ボタンを押す等々どちらの手でも行える事をついつい利き手でしてしまいます。
普段硬い革を縫ったり、細かい作業をしたり、右足で車のアクセルやミシンのぺダルを踏んだり、と片側だけ動かす事が生活の中で多いので体型や姿勢にも影響が出てきている気がします。

とりあえずミシンのペダルは左足を使ってます。
毎回まず右足が移動されて定位置にないペダルを探ってしまいますが・・・
posted by AKA at 08:39 | Comment(0) | 色々な時間