2007年05月25日

水玉の普段着物

夏にかけて水玉とか流水図案の涼しさを演出する着物が多くなりますね。
色も淡い色や青系統のものが中心で、淡色が苦手な私としては着物合わせが
悩ましい季節でもあります。

070525.jpg


唐草や花模様が切羽目調になった帯は手先から垂れまで違う模様になっていて
結び方を変えるたび違う柄を出せるので、薄色の花柄で優しい雰囲気にしたり
臙脂を多く出して粋な姉さん風にしたり便利な一本です。

半襟にしたのは友人とシェアして買ったオーガンの刺繍レース地。
30センチ買って半分に分けました。
「30センチ下さい」
とお願いすると大抵40センチ近く切ってくれる事がほとんどなので
二人で分けると半襟幅には丁度良い寸法になります。(知能犯・・・)
さすがに1人分の幅を購入するには勇気が要るので助かりました。

2007年05月27日

驚愕のモザイクタイル

070527.jpg


表面にはイルカや貝殻、ウミガメ、珊瑚、熱帯魚・・・
数々のモチーフがレリーフになった見たこともない美しい装飾タイル。

すごい! 完全オリジナル! 色が微妙なトーンで綺麗!
と猛烈に感動して何枚も写真に収めました。

これってディズニーシーに使われているタイルなんですが、アトラクションより
よっぽど興奮しました。
あまりに熱心にカメラを向けてあらゆる角度から撮影していたので
周囲の方々からはさぞかし怪訝な視線を向けられていたことでしょう。

ディズニーランドってこういう隅から隅まで
「ここまでやる必要あるのか?」
という徹底した偏執狂的精神が感じられるので妙に関心したりする。

並行感覚のまったくない墨出し不可能な曲がりくねった躯体や
違う形の膨大なタイル、色合わせ、柄合わせ、
依頼された職人たちを竣工するまで不眠症にさせそうだ、などと
余計なお世話な同情心すら沸き起こさせるすごい仕事でした。


posted by AKA at 09:00 | Comment(0) | 色々な時間

2007年05月28日

まあるい木の模様

草原の中にポツリ、ポツリと生えている大きな葉っぱの木。

070528.jpg

テキスタイルプリントでも風景になっている模様の場合はスクリーンの色合わせ次第で、朝の爽やかな空気 昼間の楽しさ 夕暮れの雰囲気 夜の静かな感じ
などなど
具体的な風景のイメージを感覚的に思い浮かべることが出来る様な気がして
色んな組み合わせをプリントしてみたくなります。

写真の色合いは月明かりの中を夜のお散歩に出かけるイメージ。
実際山では月が出てるのと出ていないのとでは全然明るさが違うものですね
都会で育つと月なんて、太陽に比べたらたいして明るくもない存在
と思っていましたが、山の中で月が隠れた時の漆黒のような闇は
それこそ歩くなんてことすら勇気のいるような恐ろしさ。

月って眩しかったんだ・・・。

2007年05月30日

フルーツ色のテキスタイル

卵をくり抜いたような丸っこいカタチの手さげバックはハンドル部分まで
一枚の布でカタチになっているので、プリント生地の色や柄によって
すごく印象が変わります。

070530.jpg

AKA+Hのブログの画面デザインにも使ったテキスタイルプリントは
楕円形の水玉模様の上に大きな円形のモチーフを配置しています。
イエロー×グリーン×レッドのキュートな色合いを見ていたらフルーツパフェ
とかジェラートが食べたくなってきました。

実は珍しくハッキリしたタイトルの付いていないプリントデザイン。
モチーフの広がりが、柔らかい曲線が絡み合う柳の葉のように見えたので
私は勝手に「WILLOW」と呼んでいます。
posted by AKA at 08:14 | Comment(0) | テキスタイル小物