2007年05月14日

無方位角線

070514.jpg


絡み合う線、行き交う線、旋廻する線、細かなエッチングのようなタッチを
生地にしました。

整然と並ぶ、整然としていない線の表現。
遠めには四角い柄のテキスタイルプリントに見えます。

クールな感じを好む女性やベーシックなものに飽きた男性に
このプリント生地のバックは好まれているようです。
良く見ると・・・という表現ですから
見えないところにものすごく凝る、粋精神な感じでしょうか。
AKA+Hとしてはそういう凝り性な部分は大切にしたいと思います。

2007年05月16日

牡丹の垣根

070516.jpg


こんなに華麗で花数が多い牡丹を見たことがなかったので、ため息混じりに
眺めました。

牡丹や芍薬は気分をうっとりさせるのでかなり好みです。
散歩の途中に一輪でも咲いていれば目が釘付けになり、
不審者と勘違いされようとも他人の庭先で堂々と、じっくり鑑賞しています。
着物でも帯に牡丹柄を合わせるとかなり華やぐので、シンプルな着物には
ぴったりの柄です。

実は私より牡丹好きなのがH君。
日本人の心の花である桜のお花見すらどうでもいいという人ですが、
以前から牡丹にだけはアンテナが引っかかり、開花時期を気にしてます。
「お昼が済んだら、ぼたん寺に行くよ」とこの時期には必ず牡丹鑑賞を
欠かさない。
やはり私と同じくあの尋常でない花の大きさや華美なディティールにやられているひとりですね。






posted by AKA at 08:43 | Comment(0) | 植物の色

2007年05月18日

パッチワークの色合わせ

070518.jpg

植木鉢のモチーフなど東洋的なテイストも感じさせる手染めの「GARDEN」
というテキスタイルプリントは図柄の特徴を生かして縦に裁断し、
シルクの生地やリボンやブレードなど沢山の素材や色をパッチワークして
仕上げています。

プリント生地自体がかなり個性的で、それに合わせる他の素材は都度変えて
一点ものを制作する楽しみを味わいながら作業していますが、毎回毎回
悩みに悩んで色合わせしています。

このシリーズはカラフルな雰囲気を全面に出しているので黒革では制作して
いなかったのですが
「黒はないですか?」の声も複数あり
なんとかチャレンジしてみよう!と色あわせに取り組んでいます。
posted by AKA at 09:00 | Comment(0) | 布のアトリエから

2007年05月19日

ツバメのチャーム

ダリア模様をツバメのシルエットに描いた、鳥の形のストラップ付きパック。
シンプルなトートバックにかなり大きな鳥モチーフがユラユラ揺れます。

070519.jpg

以前は毎年我家のガレージにツバメが巣を作り、子育てしていました。
毎年雛が育っていく様子を見るのは楽しみだったのですが
車の大きさが変わった事情で、巣作りしてもらっては困るようになり
ずいぶん追い払うのに苦労しました。

毎年同じツバメか、我家で巣立ちした子供か・・・
外見ではもちろん識別不可能ですが、私に慣れているような気がするんです。
長ーい箒で寝ているツバメの尻尾をさわって脅かそうとしても
ちょっとイヤがる素振りはしますが、全然意に介さず。
卵産んでからじゃ情が移ってしまうので、ガレージで仁王立ちしてると
シューッと勢い良く入ってきて私の姿に気付くと
逃げる様子も無く私の顔の前で大きく羽を掻くようにホバリングするのです。
ツバメが空中待機できることを初めて知りました。

今は巣を作られるようなことはありません。
幸せを運ぶ鳥だと思っているので、ちょっと残念でたまりません。
ツバメの飛び交う季節、このバックを持ってお散歩にでも出かけてみます。

posted by AKA at 09:00 | Comment(2) | テキスタイル小物

2007年05月21日

香りの強い花々

070521.jpg

今まさに我家のミニサイズのホワイトガーデンでは香りの強い植物ばかり
甘い香りを振りまいています。
香りの強い花が好きで、意識的に植えるようにしていますが、植えるのは
白または白っぽい、という植物に限られますので選択肢は多くありません。

春はスイセン、ジャスミン、バラ、スイカズラの順に咲いていきますが
それぞれ本当に香りに特徴がありますね。

一番の好みはジャスミン。
私のパフュームもジャスミン系です。
水仙はどちらかといえば甘さの中に軽さがあり春先の冷えた空気に合う香り
バラは種類によって香りの強弱があり、写真の手前にある葡萄咲き種の
アンヌマリー・ド・モントラベルは可憐ですが香りはほとんど無いです。
スイカズラは白系のジャポニカのほうが杏色のアメリカーナよりも
香りが甘くて強いような気がします。

そして香りが良いのは朝なので
起きてすぐ花の傍に行き、思いっきり深呼吸するのが最近の日課です。


posted by AKA at 08:00 | Comment(0) | 植物の色

2007年05月24日

スパンコールの刺繍

新芽をモチーフにしたテキスタイルプリントのバックに、葉っぱのカタチの
飾り紐を付けて、アクセントにしています。

070524.jpg

葉っぱの中央は微妙に色や大きさの違うスパンコールを選びました。

生地の着色に使ったグリーンとピンクの2トーンに合わせて
スパンコールまでグリーンとピンクに徹底すると単調で、
キツイ印象の色合いになってしまいました。
スパンコールは使い方を失敗すると、光り過ぎて下品になったり、
目立ち過ぎたり、装飾過剰な雰囲気になるので難しいですね。

少し黒っぽい色、白っぽい色、近似色、効かせ色、外し色、と
バランス良く混ぜて色に陰影のようなものを作ったほうが布に合わせた時、
自然に溶け込んで目立ち過ぎることはなくなるようです。


posted by AKA at 08:36 | Comment(0) | 布のアトリエから