2018年09月16日

山ウサギ

先日、山の尾根を歩いていたら、前方に丸っこい塊のような物が見える。
ゆ〜っくり近づいていくと、その塊もピタッと固まった。

180916_1.jpg


小さな小さなウサギちゃん。
親兎の姿は見えなかったので、独り立ちして間もないのかもしれません。

人間と遭遇した時どうしたらいいのか・・・・
枯草と同化してるから、もしかしたら気づかれないかも・・・・

ちょっとプルプルと震えながら、逃げるべきか、じっとしているべきか、凄く悩んでいるように見えました。

写真を撮って一歩下がった途端、正に " 脱兎の如く " 猛烈なスピードで弾けるように逃げていきました。
あんなに小さいのに凄い瞬発力だった。


テキスタイル180916_2.jpg

AKA+Hのウサギさんは完売して欠品中。
只今モスグリーンとインディゴブルーを制作中ですが、今後は一回り小さくなる予定です。
posted by AKA at 22:46 | 布のアトリエから

2018年09月04日

ワントーンな着物コーディネート

全身ブルー!


着物180904.jpg


夏が名残り惜しいかのように、様々な青を盛り込んで、ワントーンの着物コーディネートにしました。

紺の紗着物に葡萄柄の紗帯。
半襟と帯揚げには力強いセルリアンブルーを合わせて、ちょっとアクセントにしています。


台風の度に空気も少しづつ入れ替わって、夏が少しづつ遠ざかっていきますね。
涼しくなると着物を苦労なく着れるのは嬉しいのだけど。
九月になると、夏の痕跡を感じて時々振り返りながら秋に向かって歩いているようで、毎年のように淋しくてたまりません。

盛夏の着物も今年は終了かな。
posted by AKA at 16:44 | 布のアトリエから

2018年08月14日

猛暑の最中に夏着物

今年は梅雨明けも早く、冗談みたいな気温の為に盛夏の着物を着るチャンスがほとんど無いのですが、車移動の時に無謀にもチャレンジしてみました。


着物180814_1.jpg


汗取+長襦袢+着物+夏八寸帯
というフル装備を着込んでいます。

エアコンの効いた所で着て、ささっと車に乗り込み、ホテルに駐車して食事。
「これならいけるでしょう」
って思ったのですが。
部屋を一歩出た途端にかなりウッとなり、中々一筋縄ではいかない予感。

濃色着物って物によっては汗をかくと、帯や帯揚げに色移りしてダメにしてしまう事もあります。
この着物は正にそういう欠点をもった一枚なので、お気に入りの夏物にもかかわらず夏真っ只中に出番がなく、車ならばと思ったのに不安になってきました。

大好きな着物を着ている、というのはすごく楽しいんだけどハラハラしながらというのはちょっとね。
濃色の正絹夏物を持つなら、端材で色落ち加減を確かめないと危険。
この日の紗献上も前回この着物で既に縁や帯枕付近が黒く染まってしまい、残念なことになってます。
だからこの着物の時は更に被害を広げない為に、この帯を専用にしてしまいました。


180814_2.jpg


外気に触れる時間は短かったにもかかわらず、結構体温は上がり気味。
クールデザートが美味しいのなんのって、桃を速攻で完食し、お代りがほしいくらいの心境。
今年は早々に桃を見かけて喜んでいたのに価格が上がってしまい、今はじぃっと見つめて買わずに我慢していたので、ピーチメルバに歓喜しました。


結局、この暑さが一段落するまでフル装備は絶対に無理!みたいです。

スーツとかなら上着を脱ぐとか多少なりとも調整ができるけど、着物の場合、着てしまったものは一枚たりとも剥ぎ取る事が出来ないので、帰宅までひたすらに我慢しかありません。
車移動ですらこの為体ですからね。
街を歩くなんて、ちょっと考えられないかな。

友達に
「こんな夏でも着物着てる?」
って聞かれたけど、好きでもどうにもならないわと即答してしまいました。

30℃までなら何とかなる。
32℃までなら根性。
35℃までなら我慢大会。
35℃を超えたら自殺行為。

この調子だと、夏着物が日本から絶滅してしまいそう。
posted by AKA at 18:45 | 着物コーディネート 紬

2018年08月02日

真夏の大雪渓

暑い日が続く最中、天然クーラーを味わう絶好のタイミング♪
これ以上涼しい場所は日本列島には無いはず、ということで大雪渓に行ってきました。


180802_1.jpg


間違いなくひんやり〜、なのですが、ドライアイス状態な冷風と生ぬるい風が頻繁に入れ替わる不思議な空気。
3時間睡眠くらいで来た為か、雪渓の後半1時間くらいはボーーっとなり、アイゼンのザクッザクッという規則的な音と、白く変わらない景色の中で眠くて眠くてたまらない。
登山中に眠くなるなんて、ちょっとない経験です。
時々左右の崖からガラガラッと聞こえる落石の音でハッとし、またぼんやりの繰り返し。


180802_2.jpg


涼しいけど淡々とした雪渓を2時間かけて通過したら、素晴らしいお花畑!
ようやく景色が変わって眠気から開放されヤル気が戻ったのは束の間でした。


180802_3.jpg


急斜面を登っても登っても、どこまでも花園!
だけど容赦ない紫外線攻撃が待っていた。
暑くて暑くて汗ダラダラ、完全にバテバテ。

稜線手前の水場で、頭が痛くなりそうなほど冷たい雪解け水をがぶ飲みして、ちょっと生き返る。
あの水が無かったらどうなってたことやら・・・。

最高の景色の中でお茶とおやつを食べるんだ!
ほぼその一念で登りきりました。



180802_4.jpg


この日のおやつはクロワッサンラスクを手作りして持って行きました。
サクサクの食感とバターと甘さが生き返る〜♪
このひと時の為に歩いたのだ。


後半とんでもなくペースダウンした感覚になってたけど、結局ほぼコースタイム6時間+休憩で登れたので、暑すぎて気力負けしていたんだと思う。
こんな所まで猛暑が押し寄せているとは、本当に地球が心配になるわ。

予想外の暑さでしたが、登りきってしまえば体温上昇も納まって体調は完全復活で絶景の休日を楽しめました。
お目当てのウップル草は早い梅雨明けの為に完全に終わってしまい、枯れた穂が並んでいるだけだったのが少し残念だったけれど、翌日も稜線歩きを満喫して大満足な夏休みになりました。
posted by AKA at 17:26 | 植物の色

2018年07月23日

夏の楽しみ

180723_1.jpg


夏が好きなのは、瑞々しい美しさに出会えるから。

近頃のような40℃近い気温の中で過ごすとしても夏が好きなの?
と聞かれたとしたら、うーーん・・・と考えてしまうかもしれないけど、
やっぱり夏が一番好きだと思う。


180723_2.jpg



快適さは無いけれど、喜びや楽しさが詰まっている。
目を奪われるような弾ける色とか、大胆に迫ってくる自然とか。

子供時代の楽しかった事を思い返すと、それはほとんど夏の出来事だったりする。
その頃は丁度良い快適さの中でのんびりするのが一番などという欲求はなくって、次から次へと楽しい事を探しては汗だくで謳歌していたのが夏という時間だった。

そんなエネルギーがまだ残っている事を信じて、今年も美しいものに沢山出会える夏にしたいです。


posted by AKA at 20:28 | 植物の色

2018年07月11日

7月 浴衣始め

180711_1.jpg


毎年七夕がその夏最初の浴衣の日。
決めているわけでもないのに、そうなってしまいます。


着物180711_2.jpg


素足に下駄で外出、という機会が夏の間でもそう多くない私は、浴衣を楽しむ意欲が乏しくなる一方です。
新作浴衣が展示されると、色とりどりの柄にウキウキした気分になるものの、どこか他人事のような気がして全く購買意欲がかきたてられなくなってます。
衝動買いしたくなるくらい物欲をかきたてられる浴衣に出会いたいです!
posted by AKA at 22:41 | 着物コーディネート 普段着

2018年07月04日

オーダーカラーのバッグ

緑の季節に美しく映えそうな、ティールグリーンとモーブの色の組み合わせでオーダー頂いたバッグです。

テキスタイル180704.jpg


オーダーメイドのバッグを承る時、一番神経を使うのは色です。
調合済の染料見本からお選び頂く場合は問題ないのですが、私がティールグリーンと認識する色とその方が思っている色が果たして同じ色なのか?

そのことに疑問が湧いたのは、新しいテレビを買いに行った時です。

「各社色味が違います。赤味が強い方が見やすい人、青味が強い方が見やすい人などいらっしゃいますので、画面を見た時に自然に感じるメーカーをお選びになったほうが宜しいです。」
というアドバイスを頂きました。
つまり、
赤味を認識しにくい人とか個人差があるっていう事ですよね。

バッグなどは、その方の好みの方向性と合致していて、全体の雰囲気にまとまりがあれば問題無い事なのかもしれません。
このバッグもお気に召して下さいました。
でも、気に入ったものを愛用して頂きたいという気持ちが勝ってしまい、制作したものが持ち主の手に渡る瞬間までドキドキしているのでした。
posted by AKA at 19:22 | 布のアトリエから